【AOIのマレーシア生活】ホントが知りたい!マレーシア海外就職で英語力は必要?vol.13

こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をした渡部 葵(ワタナベ アオイ)です。

 

今日は、海外就職に関するご相談をいくつか頂戴したのですが、その際に「マレーシアでの海外就職に必要な英語力」にまつわる話題が多く出ました。マレーシア海外就職で、実際のところ英語力はどのくらい求められるのでしょうか?

 

# マレーシアの海外就職に英語力は必要か?


この質問に対して、わたしは「必要」と、声を上げて言いたいです。英語がしゃべれなくても海外就職出来ます!なんていうつもりはさらさらありません。出来ると言えば出来るけど、本当にそれでいいの?と、個人的には思ってしまうからです。

テレビなどでもご紹介がある通り、英語力不問の求人ももちろんあります。例えば日本食レストランやコールセンターのお仕事。こちらは対日本人を相手にするお仕事ですから、仕事において英語力は問われません。「日本語話者であること」が会社があなたを雇う理由です。逆に言えば、少し極端かもしれませんが「日本人であること」しか見られていないということともいえます。

 

きっと通訳や翻訳アプリでもコミュニケーションは取れるでしょうし、物事は進みます。

ですがもし、あなたが自分自身で地盤を固めながらマレーシアで何かを得たい、何かを残したい、と思っているのであれば、英語が出来るに越したことは無いのです。というのも、よりローカル向けの事業を行ったり、クライアントと一緒に何かを作っていく際には、必ずといっていいほど、英語でのコミュニケーションが発生します。マレー系、中華系、インド系、そして日本人や欧米人などの外国人と、国籍も人種も母国語も、みんなバラバラ。なんてことは日常的にあるので、基本的にはなんでも英語になってしまうのがマレーシアなんです。

 

 

 

# どのくらいの英語力が必要になるのか?


難しいところではありますが、「中級以上」といえるかと思います。

たとえば旅行中のローカルレストランで注文が出来る、タクシーに乗って行きたいところにいけるのは「伝わる」レベル、お仕事になると「伝える」、そして「相手を理解出来る」必要があるのではないかな、と思います。実際、わたしの1日のコミュニケーションのうち、日本語1割、英語9割といったところです。やはり現地で地をはって生活するのであれば、英語ないし現地語は必須です。

 

そういえば、Galaxyのスマートフォンに瞬時に翻訳する機能が付いているそうで、話すこと自体も機械が代替してしまうのかなあと、ぼんやり考えていました。英語を勉強する必要がない時代も、近い将来くるのかもしれません。ただ、わたしはアナログな人間なので、機械の流暢な英語・日本語からは感じられない相手の感覚や気持ちがあるのではないかと思います。

 

そうなると、人間同士の人間くさい話になるので、逆に英語は必要ないのかもしれませんが・・・^^;

 

実際にマレーシアに来てみて、自分の英語力不足を自覚して語学留学決意!海外就職再考!という方も多くいらっしゃいます。働きながら学ぶことの方が大きいかもしれませんが、その大前提としての英語力を身につけることは、大切かもしれませんね。

 

 

AOI