常夏の国&イスラム教国家マレーシア!冬の一大イベント「クリスマス」はどう過ごす?vol.15


こんにちは!

マレーシア在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。

お正月モードもすっかり無くなったであろう日本。一方こちらマレーシアはというと、まだまだクリスマスツリーが飾ってあるところもあります。というのも、マレーシアの本格的なお正月は2月の旧正月。なので、急いでお正月へ切り替えする必要がないんです。そんな背景もあり、なんとこちらのお正月休みは1月2日まででした・・・!短く感じてしまいます。

「お坊さんはクリスマスをお祝いするのか?」という話題がよく出るように、

「常夏のマレーシアではクリスマスをどうするの?」「ムスリムもクリスマスケーキは食べるの?」といった話もよくしていました。

ズバリ。かなり本格的にクリスマスを祝います!

こちらはガイドブックにも載っている、PAVILION(パビリオン)という高級ショッピングモール内。メインエントランスからまっすぐ進むと大きな階段があって、そこに広いセンターホールがあるのですが、このように、ホール全体にクリスマスのデコレーションが大きく飾られています。

見上げると、大きなクリスマス風のシャンデリアが浮いています。ツリーの飾りにもみえて、可愛いんです♡

階段を下りていくと、クリスマスグッズを売っているショップがあったり、サンタクロースがいたり♡もう子どもたちは大はしゃぎ!そして大人もついついはしゃいでしまう空間でした。

マレーシアはイスラム教国家ですが、中華系やインド系マレーシア人の中にはクリスチャンも非常に多いので、ショッピングモールなどでは盛大に祝っています。道路のデコレーションもライトアップされていたり、11月頃からショッピングモールのBGMは既にクリスマスソングになっていて、非常に気が早いように感じていたくらいです(笑)

ただ、あまり表沙汰にはなっていませんが、たとえば街中でクリスマスを祝っていたマレー系(イスラム教徒)の人が、宗教警察に捕まった、なんて話をローカルから聞くこともあるので、日本人の方は巻き込まれないようにだけ気をつけないといけないかもしれません・・・と、残念に思う事実もお伝えしておきます。

それでも、マレー系やインド系人もどことなく心躍る雰囲気。宗教に関わらずクリスマスをお祝いするのは、日本と同じですね!みんながハッピーならそれでオッケー!という雰囲気はやっぱり、マレーシアの良いところです♩

マレーシアのあたたかさのなかで迎えるクリスマスとお正月・・・日本人としてはどちらも、少し実感が無いように感じますが、常夏のマレーシアでちょっと変わったクリスマス!を過ごしてみるのも良いかもしれませんね♡

ちなみにこのクリスマス前後が大判振る舞いのセール開始時期なので、ショッピングでマレーシアに来るにはとってもオススメです♡

 

SEE YOU SOON!

 

AOI