マレーシア新生活も安心!必要なものはダイソーで揃えよう!vol.16

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアに限らず、海外生活や新生活を始めるときというのは、生活用品など色々と揃える必要があると思います。洗濯ネットや洗剤、柔軟剤、日本食など、普段何気なく使っていたもの。

マレーシアに行く前に一通り買いそろえてきた!と思っても、現地での生活が始まるにつれ、「あったらいな」と思うものがポツポツと増えてきます。そんなとき、手軽に使えるのが日本でもお馴染み100円ショップ「ダイソー(DAISO)」なんです。

そこで今回は、マレーシアでも日本と同じくらいの品揃えを誇るマレーシアのダイソーについてご紹介してみようと思います。

ダイソーの食品は1人暮らしにうれしいサイズ

食品コーナーには乾麺やめんつゆ、カレールー、レトルト食品、お菓子など、どれも日本人にはありがたいラインナップとなっています。

ダイソーで販売されているカレールーなどは、スーパーに売られている通常パッケージよりも若干小さめ。家族でマレーシアに住んでいる方はスーパーの方がお得に感じられるかもしれませんが、私のように単身でマレーシアに来ている人にとっては、ダイソーの大きすぎないサイズが1度に使い切れてちょうど良いと思います。

ビーフンやカレーうどん、ブイヨンなど、簡単に調理出来る料理の素なども販売されているので、とにかく一人暮らしの方にとっては重宝するダイソーの食品コーナーです。

ダイソーオリジナルのかわいい食器

器の品揃えも抜群!お椀やお茶碗から小皿、大きなプレート、日本らしい和食器、とっくりまでもが販売されています。もちろんお箸やフォーク、スプーンもサイズやデザインなど様々に揃っているので、割れやすくて重い食器を日本からわざわざ持ってこなくても大丈夫ですね!

ちなみにマレーシアのお家探しでは「家具付き」「家具無し」を選ぶことが出来ます。ほとんどの方が家具付きを選ばれると思いますが、食器等も揃えてくれているお部屋もあります。

ダイソーの”あったら嬉しい日用雑貨”

その他にも、日用雑貨も一通り揃っています。

特にあると便利なものといえば洗濯ネット!サイズや洋服、柄なども様々に取り揃っています。月に1度はマレーシア国内外を旅行している私にとって、洗濯ネットは旅のお供でもあるので、いつも大活躍しています。

それから洗濯バサミ!マレーシアではベランダがあるお家が少ないので、乾燥機を使うことも多いと思いますが、洗濯物を干すスペースがあるお家では洗濯バサミは重宝するでしょう。

ハンガーも素材や色はもちろん、ズボン用なども揃っています。

ダイソーの手芸・ラッピングは現地でも人気

DIY文化もあるマレーシアのダイソーでは、手芸とラッピンググッズのコーナーが人気の様子!わたし自身ホームパーティーをたまに開くのですが、その際のデコレーションやお土産を渡すのによく利用しています。この日もマスキングテープとラッピング用の和紙とリボンを購入しました。

化粧品も揃うマレーシアのダイソー

ちなみにもう1つのオススメコーナーが化粧品!日本でも100円ショップの化粧品は安くて質も良いと評判のようですが、マレーシアでも、つけまつげやアイプチなど、馴染みのある化粧品がたくさん売られていました。

ちなみに常夏マレーシアでのお化粧やスキンケア、ヘアケアはとっても大事!敏感肌の私も渡航してすぐ肌の質が変わったり、髪の色が明るくなったりしました。渡航当初から愛用しているスキンケアグッズと美容院を紹介させていただくので、是非参考にしてみてください。

マレーシアダイソーの料金は?

肝心のお値段ですが、マレーシアのダイソー商品はMYR5.57(2018年6月1日以降)で販売ています。日本円に換算すると146円ほどになるので、日本と比較すると料金は高くなっています。しかし現地の人からすると、「MYR5.57だけで日本の商品が手に入る!」ととても人気です。

必要なものはダイソーで大体揃うマレーシア

このように、マレーシアのダイソーはかゆい所にも手が届く、そんな品揃えとなっており、マレーシア新生活に必要なものはほとんどダイソーで揃えることが出来るでしょう。

海外での新生活をスタートさせるとなると、あれもこれもとついスーツケースの中に色々詰め込みたくなりますが、生活に必要なものの大体が、日本と同じクオリティーでマレーシアには揃っています。正直、マレーシアでは家具付きのお部屋も当たり前ですから、日本国内でのお引っ越しよりも気軽かもしれません。

色々と不安はあると思いますが、安心してマレーシアにお越し下さいね!

SEE YOU SOON!

AOI