【AOIのマレーシア生活】日本一時帰国編 | 海外で就職したら日本にはどのくらいの頻度で帰って来れるのか?vol.17

こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をしました渡部 葵(ワタナベ アオイ)です。

 

「海外就職」と聞くと、なかなか日本には帰ってくることが出来なさそうなイメージがありますよね。実際に、駐在の方などは意外と休日が取れずに日本に帰国することが出来ないこともあり、ご家族も連れてマレーシアで一緒に暮らしているというケースがとても多いです。しかし現地採用の場合、会社にもよるかもしれませんが比較的フレキシブルに休みを取ることが出来ます。

というのも、マレーシアでは休みを取ることに対してとても前向きな認識を持っているからです。日本では会社を休むためには「病気」であったり何かマイナスな理由がないと取りにくいと聞きます。もちろん旅行のためにお休みは取れるのでしょうが、その前向きさが日本と全く違います。なので、

 

「家族旅行に行くから休む」「海が今ベストシーズンだから行ってくる!」

といった会話をよく聞きます。わたしも10月、マレーシアの各リゾートが閉まってしまう直前にお休みをいただいて、海に遊びに行きました。

 

そして今回は少し長めのお休みをいただきまして、1月の中旬頃から2週間くらい、日本への一時帰国が決まりました!大学時代を過ごした京都・大阪はもちろん、多くの友人・先輩方がいる東京、そして地元福島と、日本を縦断する予定です。これは学生時代から変わらないスケジュール。福島から関西まで出てきたおかげで、日本各地いろいろなところに足を運びました。

 

そして今回の帰国では、家族や友人とゆっくり時間を過ごすだけでなく、海外就職に関するセミナーなども開催予定でおります。まだまだ、マレーシアに来て半年と新人ではありますが、だからこそ話せることもあると思っています。特にわたしの場合はまだ起業していないので、海外で起業された方とはまた少し違った、「海外就職」を軸にしたキャリアについて、お話をさせて頂く予定です。

 

– マレーシアでどんな仕事をしているのか

– どうやって仕事を探すのか

– 仕事を見つけてからの流れ

– 実際のところ、生活や給与、仕事はどうなの!?

といったところを共有出来たらと思っています。

 

初めての試みなので、どこまでお話出来るのか、正直なところ不安な部分もありますが、精一杯お話していきたいです!

 

ちなみに、今後も半年に1回は日本に帰国するつもりでいます。大学の頃からこのくらいの頻度で帰省していたのと、家族には会いたいですし、日本でのお仕事も少しずつ増やしていきたいからです。また、マレーシアに来てからというものの、改めて日本が好きになりました。なので、関西・関東圏だけでなく、これまで訪れたことのないような地域にも、帰国ごとに足を運んでみたいと思います。

 

そう。少し勘違いされやすいのですが、「海外就職」=「移住」ではありません。海外就職は海外で就職をしただけのことなので、こんなことを言うのもなんですが、帰ってきたいときに帰れば良いと考えています。

 

久々の日本、とってもとってもわくわくします!帰国時のちょっとした感動やオススメスポットなんかもお伝えしていきますので、おたのしみに!

 

AOI