ゴールデンウィークがベストシーズン!マレーシア絶景リゾート「レダン島」

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアには綺麗なリゾートがたくさんあるのをご存知でしょうか?ランカウイなどは観光地としても発達していますが、もっと静かなリゾートでのんびり過ごしたいという方にとってもオススメなのが「レダン島」です。ちなみにマレーシアでは、Palauがマレー語で島という意味で、「Palau Redang(パラオ・レダン)」と呼ばれています。

これまで私自身もランカウイやティオマン島など様々なリゾートに足を運びましたが、その中でも群を抜いてお勧めしたいレダン島への行き方と、レダン島での過ごし方についてご紹介してみようと思います。

マレーシアレダン島の行き方

マレーシアの絶景リゾートレダン島に行く為には、クアラルンプールから飛行機もしくはバスを利用して、まずはKuala Terengannu(クアラトレンガヌ)に向かいます

クアラルンプール〜トレンガヌ:飛行機

飛行機を利用する場合、日本との直行便が出ているクアラルンプール国際空港と、国内フライト専用のスバンジャヤ空港から飛行機が出ているので、クアラルンプールでの旅程に合わせて空港は選ぶと良いでしょう。

飛行機は片道45分程度、料金は往復で5,000円しないくらいの時もあるくらいお手頃!気軽に利用してほしいと思います。

>> Expediaでマレーシアトレンガヌ行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでマレーシア「レダン島」のホテルを探してみる

>>『スカイスキャナー』でマレーシア行き格安航空券を検索する

クアラルンプール〜クアラトレンガヌ:バス

長距離バスの場合、所要時間は4時間〜5時間程となっています。料金は約1,500円程度!

飛行機もバスもさほど料金は変わらないといえます。私は車酔いがひどいので、いつも飛行機を利用していますが、バスも1日に数多くの本数が出ているので、予定が立てやすいと思います。

クアラトレンガヌ〜レダン島の移動方法

トレンガヌについたら、さらに船でレダン島へ移動する必要があります。まずは船乗り場まで車で直行しましょう!現在はトレンガヌでもマレーシアの配車アプリ「Grab Car(グラブカー)」が利用出来るようになったので、是非利用してみて下さい。

乗り場(Jetty:ジェッティー)は主に2つあります。フェリーとスピードボート、どちらを選ぶかによって乗り場が異なるので注意しましょう。

フェリー:Syahbandar Jetty

フェリー:Syahbandar Jetty

フェリーを利用する場合、空港からは20分、バスターミナルからは10分くらいの場所に船乗り場「Syahbandar Jetty」があります。

・Syahbandar Jetty → レダン島:9:00 / 10:30 / 15:00

・レダン島 → Syahbandar Jetty:7:00 / 11:00 / 13:00

・所要時間:1時間30分〜2時間

・料金(片道):大人RM110(3,000円ほど)、子供RM50(1,400円ほど)

・チケット購入時にレダン島の「マリンパーク利用料」としてチケット購入が必須となっています。どのホテルでもマリンパークがスケジュールに組み込まれているので、支払うようにしましょう。また、チケットは失くさないように保管しておきましょう。

スピードボート:Merang Jetty

スピードボート:Merang Jetty

・Merang Jetty → レダン島:9:30 / 12:30

・レダン島 → Merang Jetty:9:00 / 12:00

・所要時間:20分程度

・料金(片道):RM200〜

マレーシアレダン島での過ごし方

レダン島では、シュノーケリングやダイビング、アイランドツアー、カヌー、ベビーシャークや亀探しなど、アクティビティは様々!滞在先で申し込むことも出来ますし、仲良くなったダイバーたちと一緒に出かけるなんていうのも、島ならではの遊び方です。


ちなみにレダン島では、ダイビングのライセンスも最短1習慣ほどで取得することが出来ます。日本で取得するよりも格安とも聞くので、日本や欧米圏からライセンス取得のためにレダン島に来る方も多いようです。

また、レダン島のビーチはとても綺麗で、のどかな時間が流れています。ビーチ脇にあるソファーベッドやベンチでのんびり過ごすというのも贅沢な過ごし方ですね!

絶景の海が待つマレーシアレダン島

ゆっくり余暇を過ごすにはピッタリのレダン島ですが、10月下旬頃〜3月初旬頃まではリゾートが閉鎖されています。というのも、この時期のマレーシアは雨期となっており、波が高く危ないことや、観光客を制限することで綺麗な海を守るためです。

訪れる際は3月下旬以降、ベストシーズンとも重なるゴールデンウィークの時期に是非訪れてみて下さい。

SEE YOU SOON!

AOI