こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をしました渡部 葵(ワタナベ アオイ)です。

 

みなさん、マレーシアがバドミントン大国であることをご存知でしょうか?日本では、幼少期のスポーツチームといえば野球やサッカー、バスケットボールが挙げられるかと思いますが、マレーシア、そして隣国インドネシアでは、まず第一に「バドミントン」が選択肢として話題になるんです。そのくらい国民みんなに親しみのあるバドミントンですが、初心者のレベルが非常に高い!そして子どもから大人まで、幅広い年代の方が日頃から楽しんでいます。

 

そしてわたしもつい最近から、バドミントンのパーソナルレッスンを受け始めました。実はわたしが勤めている会社では「バドミントン留学」なるものをご紹介させていただいているのですが、練習の様子を見学するためバドミントンアカデミーを訪れたところ、とっても楽しそうな雰囲気!そして何より、大人の方もたくさんいらしていて、みなさんビジネスマンの方ばかり。これは、いろいろとチャンス…!というなんとも浮かれた発想から、バドミントンを始めました。

 

そしてつい先日、練習中に知り合った友人ご家族を応援するため、バドミントン大会に行ってきました!主催は日系企業のDAIKIN(ダイキン)!選手たちはみんな、DAIKINのTシャツを着て参戦していたりと、会場はDAIKIN一色でした。

ちなみに会場に行ったのは夜の23時。まだまだ続くと言っていましたが、どうすればこうなるのでしょうか…(苦笑)参加者は来たら来た分だけ受入れるというのがマレーシアンスタイルらしく、予定参加人数よりも大幅にオーバーしていた、なんて噂もちらほら。会場の熱気がものすごかったので、それだけ文化として根付いているスポーツなんだろうなと思います。

 

それにしても、夜中にも関わらずスゴイ人ですよね!少しまえにもマレーシアで2,000人規模のインターナショナルトーナメントが夜中まで続いていました。

友人たちの話によると去年、5,000人ほど参加したマレーシアのトーナメントでは大会期間中、毎日朝の8時が最初の試合開始時間であるにもかかわらず、前日の最後の試合が朝の5時に終了したそう…!選手は自分の試合にだけ集中すれば良いですが、複数の選手を抱えるコーチにとっては、かなりハードなスケジュールです。

 

 

このように、マレーシアではバドミントンプレイヤーの人口が非常に多いです。そのため、バドミントン大会を開催するだけで、会社名の認知度もぐっと上がるといわれています。日本ではなかなかない、とってもユニークなマーケティングツールとも言えます!

わたしが通っているバドミントンアカデミーでは、こういったバドミントン大会のコーディネートなども行っているので、

「マレーシアで認知度を高めたい!」

という企業の方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ、お声がけください。自信を持って、お手伝いさせていただきます。

 

その他にも、マレーシアでバドミントンの強化合宿に参加してみたい方、マレーシアで大会に出てみたいという方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

 

AOI