マレーシア旅行のベストシーズンはいつ?マレーシアの季節「雨期・乾期」を解説!

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

南国として知られているマレーシアではありますが、お越しになった方は「やっぱり暑いね〜!」といいつつも、「マレーシアには季節があるの?」という質問を意外と多くいただきます。

基本的に年中真夏のマレーシアではありますが、実は乾期と雨期があったり、場所によっては時期を選ぶ必要があります。そこで今回は、「マレーシアの季節」をテーマにお話してみようと思います。

マレーシアの季節

基本的にマレーシアの天気は毎日、夏!ですが、毎日30度を越える中で生活をしていると、30度を下回った日は肌寒く感じます。

先日「寒いな〜今日」と思うことがあったのですが、気温を見ると26度…涼しい夏といったところでしょうか。日本からのお客さんは「あつい!」と仰っていましたが、わたしやローカルスタッフは寒い!の一点張り。今日はカーディガンを羽織っていました。日差しが明るくて、あったかい日が懐かしいくらいです。

旅行で来るとマレーシアは常夏の国と感じられると思いますが、住み始めるとなるとマレーシアにも「雨期」と「乾期」があることを感じられるでしょう。

マレーシア旅行を快適にする必須アイテム

お伝えしたように、マレーシアは常夏の国ではありますが、ショッピングモールやレストラン内は常に冷房が効いています!その加減が日本人にとってはとっても寒く感じることもあると思います。そのため、女性の方は特に、スカーフカーディガンを一枚、バッグの中に入れておくと安心!日よけにもなるので、必須アイテムです。

マレーシアの雨期はいつ頃?

マレーシアは年中夏とはいえ、今の時期マレーシアは「雨期」。基本的にマレーシアの雨期は10月〜2月の間といわれています。2月の旧正月(チャイニーズニューイヤー)が明けたころから、雨期が終わり乾期が始まると言えます。この雨期の間は、毎日必ず、バケツをひっくり返したような量の雨が夕方頃に降っています。

ただ日本の雨の振り方と違うのは、「マレーシアの雨はすぐにやむ」という点。日本であれば、天気予報で雨と言われると1日中雨のことが多いですが、マレーシアでは30分〜1時間も待てば、雨がやみます。そんな背景もあり、ミーティングの時間前に雨が降っていると、「雨だから遅れる」という連絡が必ず来ます(笑)というのも、雨がやんでから外に出かけたり、雨が降ると渋滞がひどくなるのが通例だからです。そのせいか、私自身もマレーシアで傘をさしたことが一度もありません。マレーシアではほとんど車移動なので、特に傘を必要とすることも少ないのです。

雨期のマレーシア旅行は避けた方が良い?

では、この時期にマレーシアには来ない方が良いのでしょうか?ガイドブックなどには、この雨期の時期に避けるようとの記載があったりもしますが、わたしはそんな必要は無いと思います。

いつでもマレーシアに来てください!

先ほどお伝えしたように、マレーシアの雨は待っていればやむことがほとんどなので、雨期とはいえど、晴れていることの方が多いです。

ただ、マレーシアのリゾートはこの時期、閉鎖していることもあるので、海に遊びに行く際は気をつけましょう!マレーシア国内の海だけでなく、お隣インドネシアのバリなども、訪れることは可能ですが、ベストシーズンではありません。なのでリゾートへお越しになる場合はこの雨期は避けて、4月以降に来ていただくのがいちばんです♩毎年雨期があけると海に遊びに行きますが、個人的には5月6月がベストシーズンのように感じます。

そうだ、マレーシアに行こう!

マレーシアは南国なので、やはり夏休み中の渡航がとても人気ではありますが、9月に入ると雨が多くなってくると思います。そのため、先ほどもお伝えしたように「夏」を感じるなら5月、つまりゴールデンウィーク付近がとってもオススメ!

ですが普段は冬の時期に過ごすクリスマスやお正月を常夏マレーシアで過ごすというのも、「クリスマスなのに夏…?」という異文化が体感できてそれもまた良い思い出になると思います。とくに年末セールはハイブランドも一気に値下げをするので、日本ではなかなか手に入らないお手頃価格でのお買い物ができちゃいます。

航空券も最近は安いので、気になる方は是非こちらからチェックしてみてくださいね!

>>『スカイスキャナー』でマレーシア行き格安航空券を検索

>> Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでマレーシアのホテルを探してみる

 SEE YOU SOON!

AOI