クアラルンプールのチャイナタウン定番!レトロカフェ「Old China Cafe」に行こう!vol.40

こんにちは!

マレーシア在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。

マレーシアやシンガポールの観光地として欠かせないのが「リトルインディア」「チャイナタウン」ですが、マレーシアクアラルンプールのチャイナタウンはチャイナっぽさも感じる古めかしさもありながら、なかにはレトロとモダンな雰囲気を兼ね備えたおしゃれなレストラン&カフェもたくさんあります。そこで今回は、ガイドブックにも載っているクアラルンプールのチャイナタウンといえばここ!というくらい有名なカフェについてご紹介してみようと思います。

店内はレトロな雰囲気でフォトジェニック

店内に一歩入ると、一昔前の写真やポスター、切手などが壁一面に飾られています。こうしてみるだけでも、雰囲気がありますね。とってもフォトジェニックです。

S__4726791.jpg

店内はヨーロッパや中国、韓国などいろんな地域から観光客の方々がいらしていたのですが、みなさんスマートフォンや持ち前のカメラで店内の写真を撮影していました。みなさんインスタグラムにその場で投稿していて、時代を感じます。特にマレーシアでは、日本で「インスタ映え」という言葉が流行る前からインスタグラムはとっても人気のアプリで、各レストランやカフェなどはアカウントを持っていて当たり前なくらいです。

そのため、もしマレーシアに旅行に来られていてお店に来たはいいものの、何を頼んだらいいかわからない!という方は是非、インスタグラムでお店を検索してみてください。

メニューはローカルフードを中心に多種多様

メニューをみると、ナシレマやナシクラブ、ラクサなど、さまざまなマレー料理があります。特に「ニョニャ料理」という、ペナン発祥の伝統的な中華系マレー料理が有名だそう。15世紀も前に、中国人がマレーシアにはじめて移り住み始めた頃に生まれたといわれています。甘辛くてまろやかな、少し独特な風味があります。

そして今回頼んだのが、ニョニャ料理の代表、ラクサです。

S__4726790.jpg

こちらのラクサはココナッツミルクが効いていて、とってもおいしかったです。普段食べているラクサよりも甘めの味付け。上にのっている茶色いのは油揚げ。これがまた美味しいんです。たらふく食べて、300円しないくらい!とっても安いですね。ニョニャ料理以外にも、パスタやサラダ、デザート、コーヒーなどもあるようでしたので、少し一息つくにはオススメです。

気になるお店の情報は?

今回ご紹介したこちらのおしゃれなレトロカフェは「Old China Cafe」という名前で、チャイナタウンの駅近くにあります。クアラルンプールに来たらこちらのチャイナタウンや、チャイナタウン付近にあるKLセントラルなどもまわると思うので、ランチやティータイムなどで立ち寄ってみてくださいね。

以上、「クアラルンプールのチャイナタウン定番!レトロカフェ「Old China Cafe」に行こう!vol.40」でした。

SEE YOU SOON!

AOI