こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をしました渡部 葵(ワタナベ アオイ)です。

日本でもよく百貨店で開催されているご当地物産展ですが、実はマレーシアクアラルンプールでも開催されています。クアラルンプールには、日本人にお馴染みの伊勢丹がいくつかあるのですが、わたしがよく利用するKLCCツインタワー内の伊勢丹では毎回いろいろな都道府県のご当地フェアが開催されています。

 

そして今回訪れたのは、愛媛フェア!

愛媛ということで、ぱっとみるだけでもオレンジ色が映えていました。ひとつひとつのテーブルをみても、様々なみかんの商品がずらっと。そして付近は日本語が飛び交っており、あたかも日本にいるような感覚になります。おそらく出店しているお店の方は実際に日本からいらしているのでしょう。

 

# どんな商品が販売されている?


こちらはオレンジジュース。色々な品種のみかんのジュースがあるようです。お値段は1,200円くらいのものもあれば、3,000円ほどするものも!日本人にとっても、質も価格も高い飲み物ですね!

 

しかし愛媛。

売り出しはみかんだけじゃありませんでした!ブースを進んで行くと、本当にたくさんの商品がずらっと並んでいたのですが、その中でも気になったのがこちら。

お・さ・け!

鷹雄というお酒は、素人のわたしでも知っています。試飲もたくさんいただき、ありがとうございました。ほろよいで大満足♡ということで、こちら1本購入。友人を招いてホームパーティーをよく開いているので、次回のお楽しみにしようと思います!チャイニーズの友人たちは日本のお酒がとっても好きなので、きっと喜んでくれること間違い無しです。うれしい〜!

そのほかにも魚介類やみかん、だし、お菓子類など、様々な商品が売られていました。いろんなところで試食したにも関わらず、お酒しか購入していなくて申し訳ないのですが、

「試食した時は美味しくて感動したのに家に帰ったら食べなかった・・・」

という経験を何度かしているので、購入は慎重に…笑 お酒に関しては即決でしたが^^;マレーシアにいながらも、日本で訪れたことのない地方の食材や文化を知れるのは、とてもうれしく感じました。

 

# 地元のお米を発見!


そして帰り際に「こしひかり」の文字を発見!

そう。

わたしの地元「福島県」のお米も売られていました。しかもお値段2キロで1,000ほどと、意外とお手頃!実家で食べるごはんってなんであんなにおいしいんだろうと、大学生の頃よく思っていましたが、福島のお米は美味しいんです♡!!!!

広告とはいえ福島に慣れ親しんでいるTOKIOがこういっているのを聞いたり、そして日本から離れた場所で地元の名を聞くとは、やっぱりうれしいものですね。

東日本大震災を機に、毎年「あの日を忘れないで」「東北を忘れないで」という声がありますが、3.11 を思い出して何かを感じていただけるのはとてもありがたいです。ですが毎日福島ではわたしの家族も友人も、震災前と同じように生活をしています。一方で、放射線量なども一切問題なく、とっても美味しい福島県産の食材に風評被害がまだにあるのも事実。ときに福島出身であることを伝えると嫌な顔をする方もいらっしゃいます。

福島のことをどう思うかに関しては個々人の自由であるかと思いますが、もし「何か出来る事はあるのかな」という想いが少しでも芽生えたら、福島のお米を買っていただきたいと思います。

 

今回は愛媛でしたが、こちらに足を運ぶたびにご当地フェアが開催されています。マレーシアに住んでいても日本食などは一通り揃えることが出来るのですが、少々お値段高め。それでもこうして地域の名産をたのしめる機会があるのはうれしいものですね!

欲を言えば、ローカルの方にも、日本の名産をただ見るだけでなく、四季折々の楽しみ方をより気軽に楽しんでもらえるようになったり、実際に来てもらえる仕組みや、お店のユーザーになるおもしろみがもう少し出来たらいいなと思います。

 

旅行で来られる方もKLCCツインタワーには必ず訪れると思うので、ぜひ立ち寄ってみてください♩

 

AOI