こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をした、渡部 葵(ワタナベ アオイ)です。

実は先週からしばらく、日本に帰国させていただいています。親友がいる東京、大学時代の思い出と親友がいる大阪・京都・神戸、そして地元福島と、またもや日本縦断のスケジュールで過ごしています。

日本での時間は、就職でマレーシアに来て以来なので、約半年ぶり。意外と時間は経っていませんが、しばらく日本を離れていたからこそ新鮮に感じた、日本のモノ・サービス、そしてプライスについて、今回はお話してみようと思います。

 

高品質な日本のモノ・サービスが全てが安い!

帰国してから数日過ごしていて感じているのは、

「日本って、全部がぜんぶ、安い…!!!!!」

ということです。もっと正確に言うと、

「このモノ・サービスの質の高さでこんなに安いの!?」

という感覚。もちろんマレーシアの方が安いものはたくさんありますが、そのクオリティが違う!全てにおいて、クリーンで正確、そして美味しい♡

 

今のわたしにとって日本というのは、もちろん自分の大切な故郷でに変わりありませんが、「観光」という側面も少しあります。というのも、やはりマレーシアで暮らしていると日本が恋しくなりますし、その分、もっともっと知りたい!と思うようになり、毎回の帰国で必ずどこか、プチ旅行はするという目標もあるほどです。

 

「日本が安くなった」というと少し、響きが悪く聞こえてしまうかもしれません。

 

ですが、わたしと同じ感覚を持つ外国人は多いのではないでしょうか?日本というのは最高にコスパが高い国だと思います。観光先として人気急上昇!なのも、ガッテンです。

なので、この事実をネガティブに捉えるのではなく、しっかりと事実を受け止めながら、ポジティブに働くよう考えていくことが必要なのだと考えます。

いま日本に必要だと思うチカラ

わたしは普段、どちらかというと

“日本からマレーシアに文化を持ってくる”

という仕事をしていますが、マレーシアに持ってくるだけでなく、

“マレーシアを日本に連れてくる!”

という方法も、今の日本にとって必要なことだと私は考えています。

単にインバウンドの増加を見込んで動くだけでなく、”日本で活躍する外国人”をいかに育て、発信していくことが大事なのではないでしょうか。

今回帰国してみて思ったのですが、地理的にも日本は最高です。今どの企業も注目しているベトナムやシンガポールのみならず、今は下火でも着々と成長をしているマレーシアやインドネシアなど、今まさに、そしてこれからの世界成長のカギを握る国々は、ほんの5、6時間で行き来が出来てしまうんです。

もともと私は、「アジアから日本の成長に貢献する仕事をしたい」という思いで、マレーシアでの新卒海外就職を選択しました。なので、こうしてマレーシアと日本を行き来することで感じる新鮮さというのは、この目標を実現するキッカケにもなると考えています。

 

 

最後に・・・

もっともっと、アジアへ、世界へ開いていってほしい。

そしてそのお手伝いを少しでも続けていきたい。

そう改めて思えたことが、今回の日本一時帰国のいちばんの収穫となりました。お役に立てるチャンスがあればと思いますので、少しでもマレーシアが気になった方、ぜひぜひご連絡ください!

 

AOI