【アイユのマレーシア生活】日本一時帰国編 | マレーシア土産は何がある?私の定番オススメ3品をご紹介!vol.53

こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をしました渡部 葵(ワタナベ アオイ)です。

1月に2週間ほど日本に一時帰国をしていたのですが、少し頭を悩ませたのが、マレーシアからのお土産!というのも、マレーシア土産ときいて「コレ!」といったおすすめの郷土品なるものがあまり思いつかなかったからなんです…(泣)いろいろと探した結果、無難ではありますが紅茶とチョコレートがいちばんだということに気がつきまして、そのなかでもわたしが厳選してお友達や家族、お客さんに用意した、オススメのお土産をご紹介してみようと思います。

 

#1 Berly’s Chocolate(ベリーズチョコレート)


インターネットで「マレーシア お土産」と検索すると必ず出てくるのがこちらのベリーズチョコレート。定番のお土産は避けたい…!という気持ちを良い意味で裏切ってくれる美味しさ。わたしもよく普段から食べています。

 

たとえば日本人だけがマレーシア土産として認識している商品なるものが結構あるのですが、そういった商品はやはりローカルの人たちは知らないことが多いんです。ですがこちらのベリーズチョコは、ローカルも知っている人気ブランド。現地の人からも定評あるチョコレートとして、お土産にとってもぴったりです。

 

ちなみにベリーズチョコレート自体はヨーロッパのブランドなのですが、工場がマレーシアにあるということもあり、マレーシア土産として有名になったそうです。観光地として有名なツインタワーやショッピングモールには必ず置いてあるベリーズチョコ。

 

イオンなどであれば1箱150円くらいで買えてしまうので、お財布にも優しいですね♡そして形が正方形や長方形になっていてパッケージ自体も軽いので、スーツケースにしまいやすく、たくさん入れることが出来ます。

ベリーズチョコ直営店であるベリーズチョコレートキングダムでは、ベリーズチョコの歴史やチョコレート、カカオが出来るまでを知ることも出来ます。直営店なだけに、種類も豊富なので、観光がてらにぜひ訪れてみてください♩

 

#2 NAYUTA Chocolate (ナユタチョコレート)


 

次にご紹介したいのがこちら、NAYUTA Chocoalate(ナユタチョコレート)。

実はこのチョコレート、伊勢丹がプロデュースしたブランドなんです!カカオはマレーシアやインドネシア、フィリピンのものを利用して日本人のチョコラシエがメニューを考案、KLで活躍している北欧のデザイナーと一緒にこのかわいらしいパッケージを作成し、完成した商品になります。

NAYUTA Chocolateの詳細に関しては以前の記事「日本一時帰国編 | マレーシアのお土産といえば?新しいオススメをご紹介!vol.27」にて記載しているので、ぜひぜひご覧ください♩

ちなみにこちら、バレンタイン期間限定で伊勢丹で販売されるようなので、販売店舗を是非ぜひチェックしてみてくださいね♡

 

#3 BOH TEA(ボーティー)


そして最後にBOH TEA!その名の通り、紅茶です。BOH TEAはマレーシアに紅茶農園を持つブランドで、ローカルにもとても人気!自宅用には通常パッケージ(赤色)があるのですが、お土産にはこの写真にあるような、ちょっとアジアンテイストなデザインがオススメです。紙で出来たお手軽パッケージもあれば、カンカンで出来たパッケージのものもあります。カンカンであれば紅茶を飲み終わった後も女子なら使いたくなりますよね♡

味はアールグレイやパッションフルーツ、ローズなど様々。パックティーなので、普段紅茶をあまり飲まない方や職場へのお土産にも最適だとおもいます。

 

以上、マレーシアのお土産3選、いかがでしたでしょうか?定番なだけに、それぞれのストーリーを少し加えてあげるだけで、お土産の格がぐっと上がるのもお土産の魅力。

マレーシア土産で頭を悩ませていたら是非、参考にしてみてくださいね!

 

AOI