こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシア生活といえば「プールとジム付きのコンドミニアム」をイメージされる方も多いと思います。これはマレーシアに限ったことではなく、シンガポールやタイなど東南アジア諸国のコンドミニアムでは当たり前!

そして日テレの人気番組「ボンビーガール」でも取りあげていただいたように、わたしが住んでいるコンドミニアムには2つのプールがあり、そのうちの1つがクアラルンプールを一望できるスカイプールとなっています。クアラルンプールの象徴ともいえるツインタワーやKLタワーはもちろんのこと、夜遅くまで活気のあるクアラルンプール市街を一望出来てしまうので、とってもお気に入りです。

しかし、実際の生活で使うことはあるのか気になるという方も多いと思います。そこで今回は、マレーシアのコンドミニアム事情と、実際に自宅のスカイプールなどを公開してみようと思います。

マレーシアのコンドミニアム事情

マレーシア生活をスタートさせる方の多くがコンドミニアムに住むことになると思います。

コンドミニアムは日本のマンションのようなもの。テレビなどでも紹介されているようにプールやジム、バスケットボールやバドミントンコートなどがあります。クアラルンプールのツインタワー付近のエリアだといちばん安くてRM2,000(5万5千円ほど)となっていますが、数が限られているのが実情です。

もっと安いコンドミニアムもあるのも事実ですが、わたしたち日本人が許容できるセキュリティを衛生面を考えると最低でもRM2,000は予算を設けておいてほしいと思います。少し離れたエリアや別の都市だと家賃相場はぐっと下がりますので、ご自身の勤務先はクアラルンプールのなかのどこなのかを把握したうえでお家探しをしましょう。

実際にマレーシアでお家探しをする場合の方法はコチラを参考にしてみてください。お家に関するご相談も受けています。

施設が充実したマレーシアのコンドミニアム

コンドミニアムのプールは本当に使うの?

「プールはあっても、実際使うの?」

といったご質問をよく受けますが、わたしは結構使っています!

普段、わたしの出社時間は10時もしくは11時なので、朝は少し余裕を持って過ごすことが出来ます。大半はベッドでごろごろしながら本を読んでいたり、ブログを書いたり、ニュースを読んだりしてのんびり過ごしているのですが、天気が良い日や早起きをした日などは、朝からプールに行って泳ぐこともあります。夕方頃になるとお子さん連れのご家族が泳ぎにきたり、賑わった雰囲気があるのですが、朝は来る人がいないのでとても静かです。

わたしの自宅はクアラルンプール中心地へちょうど入るあたりの場所にあるので、朝泳いでいるときや夜の時間帯などは特に、渋滞の景色を眺めています(笑)

そしてオススメは夜。

夜になるとプールそのものがライトアップされ、また夜景も綺麗に見えるので、朝とはちがった雰囲気を楽しむことが出来ます。もちろん泳いだりもするのですが、プールサイドにはビーチチェアが並んでいたり、バーベキュースペースもあるので、みんなでお菓子とジュース、たまにはビールやワインもならべておしゃべりして過ごすこともあります。

わたしは週に3回ほどはプールで泳いでいるのですが、不思議なことに何度来ても飽きないこの景色。やっぱりマレーシアが好きなんだなと、眺める度に実感します。少し難点なのは、夜の22時には閉まるようになったこと。恐らく酔っぱらいかなにか、トラブルがあったのでしょう。

加えて私が住んでいるコンドミニアムのスカイプール更衣室内にはサウナがあります。結構しっかりとした造りになっていて、木の香りは日本人好みだと思います。各コンドミニアムには共有スペースのルールがあるので、ハウスルールは入居時にしっかり確認しましょう!

最上階にあるジムも最高!

そしてこちらはジムになります。スカイプールのすぐ上にあるので、ジムで汗をかいてサウナ、そしてプールを利用するというコースがお決まりの方も多いです。

こうして仕事終わりにリフレッシュする時間を持つことで、ストレスに感じていたこともリセットされます。マレーシアに住んでいると、車移動が基本なので歩くことが少ないので、運動不足の解消にもつながります。

1つ注意点としては、コンドミニアムによってはジムやスカイプールの利用に料金がかかるコンドミニアムもあるという点。マレーシアのコンドミニアムでは、敷地に入ったりエレベーターを利用するのにアクセスキーがあるのですが、プールに利用制限がかかっていて使えなかった…!なんてこともあるようなので、入居を決める前に必ず確認しましょう!

素敵なコンドミニアムでマレーシア生活満喫しよう!

マレーシアにはとっても素敵なコンドミニアムがたくさんあります!仕事終わりにジムで汗をかいて、週末はプールでのんびり過ごす休日っていうのも良いですよね。

首都クアラルンプールの中だけでも家賃相場は異なりますし、そして第2の都市ジョホールバルにいくとまた相場やグレードなども変わってきます。

>> ジョホールバルのコンドミニアムについてはコチラ

わたしからは短期〜長期でさまざまなタイプのお部屋をご紹介させていただくので、ご興味ある方はぜひぜひご相談ください。

SEE YOU SOON!

AOI

ayuchannn
ayuchannnland@gmail.com