【AOIのマレーシア生活】クアラルンプールでお手軽にイスラーム教文化を堪能!おすすめのマレーシア国立モスク!vol.65

こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をした渡部葵(AOI WATANABE)です。

 

今日は、つい先日初めて訪れたマレーシア国立モスクをご紹介したいと思います。これまでピンクモスクやブルーモスク、海に浮かぶモスクなど、色々なところを訪問しましたが、「いちばん身近な国立モスクにまだ行っていない!」と、ふと気がつき、早速行ってきました!

到着すると、モスク周辺は広場のような作りになっていて、奥に見える青色の屋根がモスクです。

綺麗な青色の屋根に向かってどんどん中へ進んでいき、階段を上ると入り口発見!写真の中心にあるのは時計です。インド数字で書かれているので全くもって読めませんが、いちばん左が現在の時刻になります。そして左から2番目〜6番目が、ムスリムの方がお祈りをする時間。

そうなんです!なんと1日に5回、お祈りをするんです。弊社のローカルスタッフも、ふと気がつくとデスクから突如いなくなっていたりするのですが、お祈りのため。勤務時間中でも、こうした宗教文化を尊重出来るマレーシアの「受入れる力」って、いつもすごいなと思います。

そしていちばん右が日出の時間!そのすぐ左隣が、日出前のお祈りの時間になります。ちなみにこちら、以前にマレー系ローカルの友人と別のモスクに行った際に教えてもらった情報。こうして観光案内する時に役立ちますね!笑

こちらはムスリムの方専用の入り口なので、観光客のわたしたちはこの入り口の左側奥に進みましょう!入り口付近では、マントやヒジャブの貸し出しをしている受付がありますので、名前とサイン、入場時間を記入して借ります。料金はかからないのでご安心を。

モスクに入ると広場のような場所があります。ここでパシャリ。ダースベーダーのような、ハリーポッターのような格好ですね(笑)似合っているかどうかはともかく、非日常的でとても気分が上がります。

外国人観光客のみなさんは、マントのフードを被るだけでヒジャブを身につけている人は少なく、とても目立ちました…(笑)ローカルのマレーシア人がむしろ「アジア人のヒジャブ姿」が珍しく映ったようで、たくさん声をかけられました。

奥へ進んでいくと、モスクのメインの部分へ到着。モスクの丸くなっているホールです。ムスリムの方はここでお祈りをしたり、子どもと遊んだり、お昼寝したり…ムスリムの友人に聞いたところによると、イスラーム教の神、アッラーを敬い、それを慕う周囲の人々を尊敬していれば、こうして子どもの遊び場として利用したり、のんびり過ごすということは歓迎されるそうです。(ムスリムの方に限る)

一種のコミュニティ形成の場になっているように思います。

この中へ入るにはムスリムの方と一緒に来るか、特別ツアーに申し込むか、といった方法があるようです。残念ですが、今回はこの入り口からの見学のみ。でも、とても綺麗ですね!モスクはエアコンがついていないのですが、暑さを感じさせず、風通しの良い構造になっています。これはどのモスクでもそう。その涼しさに、毎度驚きます。

実は到着してすぐ、マレーシア特有のスコールが!閉館時間もとっくに過ぎていたのですが、広場でみんなで雨宿り。そんな優しさも感じられたモスク訪問でした。

 

最後にモスクの情報を。

国立モスクはMasjid Negalaと呼ばれていて、場所はクアラルンプールの名所「ツインタワー」から車で15分程の場所にあります。時間が限られているのでご注意を!基本的に一般公開されている時間は9:00-12:00, 15:00-16:00, 17:30-18:30で、 金曜日だけ15:00-16:00, 17:30-18:30となっています。

マレーシアクアラルンプールに来たら外せない!国立モスクについてでした!

 

AOI