似ているようで全然違う?インドネシアのローカル朝ご飯!Nasi Uduk(ナシウドゥク)vol.66

こんにちは!

マレーシア在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。

これまでブログでも紹介していますが、わたしは休日・連休を活用してマレーシア国内外を旅行しています。そのなかで何度も足を運んでいるのがインドネシアのジャカルタとバンドンという都市です。マレーシアからは飛行機で2時間とほど近く、手軽に行くことが出来ます。そして直近のインドネシア旅行でとっても気に入ったインドネシアのローカル朝食の定番「Nasi Uduk(ナシ・ウドゥック)」について今回はご紹介してみようと思います。

Nasi Uduk(ナシ・ウドゥック)とは?

Nasiはマレーシア・インドネシア語でごはんという意味。Nasi Udukはココナッツミルクと一緒に炊いた(蒸した)ご飯を指します。メインのおかずをチキンやお魚、牛肉から選ぶのですが、今回訪問したお店ではトッピングしたいおかずやチリソースなどはビュッフェ形式でチョイスしていくことが出来ます。

 

好きなものをトッピングしていこう!

チリソースだけでも7〜8種類も並んでいます。特にトマトが入ったトマトサンバルソースがオススメです。サンバルソースはマレーシアでもお馴染みで、色々な種類のチリが混ざっているのですが、地域やお店によってその辛さや風味、味も違います。ただ辛いだけじゃないサンバルソース。辛いものが苦手な方にもぜひぜひ、現地のチリは試してもらいたいです!

隣には野菜コーナーがあります。

キャベツや人参などが並んでいるのですが、これ生のまま食べるの?と思うようなものもいくつか…笑 ですが、どれも新鮮に見えます。私はレタスと香菜を少しトッピングしました。

他にもサイドディッシュとして牛肉やお魚、お豆腐の煮込みなどサイドディッシュがいくつか。お豆腐は日本でいう、お稲荷さんの味に煮込んだような感じでしょうか。甘い味付けですが少しピリッとアクセントが効いていて、とても美味しかったです♡

一見マレーシア料理の定番ナシレマとも似ているように見えるかもしれませんが、インドネシア料理の方がマレーシアの料理よりもヘルシーなように感じます。

特にインドネシアのチキンはマレーシアよりも少し小ぶりで筋肉質!というのも、マレーシアの鶏肉は基本的に人工的に飼育されているので、大きくて柔らかいお肉。一方でインドネシアでは化学薬品を極力使っていないため、その分小ぶりとなっています。それでもお肉には弾力があって、しつこくないジューシーさが味わえるのが魅力です。

Add Your Heading Text Here

こちらのお店、ローカルにとっても人気のお店だそうで。お店は奥の方にあって、手前にこうしたテラス席が並んでいます。色もとってもかわいらしいですよね。小綺麗にしてあって、とっても気に入りました♡なんといっても、日差しが出ている中の日陰で食べるごはんが、すごく身体に良い気分になります。近くには線路があって、たまに「カンカン」と、線路が閉じる音?が聞こえたりして。田舎を思い出すような雰囲気でした。

マレー料理と似てるようで違うインドネシア料理Nasi Uduk!

東南アジアを知るまでは、「東南アジア」とひとくくりにして、どの国も一緒のように捉えてしまっていましたが、ベトナムでの研修やマレーシア留学、シンガポールのインターンシップ、そして今のマレーシア就職を経てみると、各国、全く違う空気だなと感じます。

当たり前のようで、日本にいたままだと気がつかなかったこと。知ることもなかった世界です。

個人の方でも法人の方でも、「東南アジア」にご関心のある方は是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?グルメ旅だけでも、各国の違いは大きく感じられると思います。就職活動@東南アジアで国を決めかねている方も、一度訪れてみて食生活等が合うかどうかを感じるだけでも、大きな一歩になるのではないでしょうか?

ちなみにこちらのお店、ローカルの友人に連れて行ってもらったので場所が分からず申し訳ないのですが…観光地付近なので、見つけたらぜひ寄ってみてください♩

 

SEE YOU SOON!

 

AOI