こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をした渡部 葵(ワタナベ アオイ)です。日本は春、お花見の時期ですね。友人や家族から素敵な桜の写真を多くいただくので、とっても羨ましく思います。と同時に、電話でお話するみんなが鼻声で、花粉症も少し気になりますが^^;

一方マレーシアは雨期が終わってはいるのですが、比較的涼しい毎日が続いています。そんななか、実は最近はまっている習い事があります。それが、これまで学校の体育でしかやったことのないバドミントン!週に1〜2回、パーソナルトレーニングを受けています。

バドミントン強化合宿として日本からもご参加いただけるので、今回はマレーシアのバドミントン事情についてご紹介してみようと思います。

 

マレーシアはバドミントン大国!

そもそも、「なぜマレーシアでバドミントン???」という疑問をもたれている方も多いと思いますが、実はマレーシア、東南アジアではバドミントン大国としてとっても有名なのです! ちなみに近くのインドネシアもマレーシア同様、バドミントンの国として知られています。

リー・チョン・ウェイという、中華系マレーシア人のバドミントン選手、どこかで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

バドミントンアカデミーを訪れても、小学生や中高生などはもちろん、社会人の方も多くいます。はやくてなんと、4歳から始める人も多いのだとか!正直、その様子を見たときはラケットの方が重そうに見えてしまって…こんなに幼い頃からバドミントンをする環境にあるとは、びっくりです。

バドミントントレーニングが出来るのはどこ?

日本では学校の部活動やクラブがとっても充実していますが、マレーシアでは部活動に注力している学校は少なく、やりたいスポーツなどがあれば習い事に行きます。またバドミントンに関しては、「バドミントンアカデミー」と呼ばれるバドミントン専用コートが設けられた大きなホールが多くあります!

そこで平日・休日問わず、多くの人がバドミントンをしています。子どもだけでなく、大人も本気になって練習!写真は疲れ果てながらもシャトルを集めているバドミントン仲間たち。

それにしても、「素人」のレベルが高いんです!わたしも負けじと、もっともっとがんばらないといけません!

トレーニングのプランについて

さて、気になる料金ですが、プライベートレッスンは通常、1セッション2時間で300リンギット(9,000円前後)、グループレッスンが100リンギット(3,000円前後)となっています。最短で1週間から受け付けていますが、長期であればお安くなるかもしれません!なので、マレーシア在住の方にもとってもオススメです。

ちなみに強化合宿プログラムも用意していて、1週間みっちり練習して10万円前後のプログラムがあります。プランによって内容が変わってきますが、トレーニングだけでなく、ローカルの選手と一緒に練習試合を開催することもあれば、はたまた現地の大会に出場するチャンスもあります!

滞在費や航空券など含めても、おおよそ20万円あればバドミントン留学が出来ちゃうんです!

気になったらまずはご連絡くださいね!

AOI