こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をした渡部 葵(わたなべ あおい)です。

普段、わたしはマレーシア留学・新卒海外就職といった自身の経験を活かしながら、マレーシア留学・就職、マレーシア進出のサポートといったお仕事などをさせていただいています。

そこで今回は改めて、マレーシア留学の魅力や、その後の就職活動にどう活きるのか?といった、学生さん方から多くいただく質問に沿って、少しお話してみようと思います。

マレーシア留学の魅力とは?

マレーシア留学の魅力というのは人によって様々だと思います。

「欧米諸国に行きたいけど予算的に難しい…」という方にとってみれば、マレーシアの大学に通うことで、費用を抑えながら欧米カリキュラムを受けられますし、大学によってはマレーシア現地の学費だけで欧米にある提携校に留学することも出来てしまいます。

ただ、これは大学に進学されている方に限りますが、「生きるチカラを付けるためにマレーシアへ来た」といった目標を口にする方が非常に多い印象を受けます。

マレーシアはご存知の通り、多種多様な人種・宗教・国籍の方がいらっしゃいますし、そのなかで相手の意見を取り入れながら自分の意見を発していくというのは、言語能力以上に精神力が鍛えられると思います。

そういった経験を毎日毎日積み重ねていくことで、どんな仕事でも前向きに取り組むことが出来るようになるというのは、後々大きなメリットになるでしょう。

マレーシア留学の難しさとは?

一方で、マレーシア留学の難しさというのも存在します。

これもまた人によって異なりますが、今回の記事で私からお伝えしたいこととすれば、「異なること」を受入れられるかどうかがカギとなるかもしれません。例えばご自身の考えや常識と異なる意見が出た時、憤りをあらわにしてしまうと、マレーシア留学はあまりうまくいかないかもしれません。

というのも、マレーシアの人たちは良い意味で楽観性を持ち合せているので、仕事でもプライベートでも、ちょっとしたトラブルがあって理由を聞いてみても、現地の方は「It’s like that.(そういうもんだから)」と言うのを耳にします。

善し悪しは別として、「異なること」を認め、「マレーシアはこういうものなのだ」と受入れられるタフさ、それに順応出来る柔軟さがあると、マレーシアライフを楽しめると思います。

日常生活の場面でいうと店員さんに強くあたる人は嫌われる傾向にあります。イライラしている人や失敗を責めてしまうと、日本人以上に嫌う習性があるからです。

そのため、私はマレーシアに来てから意識的にしたというのもありますが、「ありがとう」と言う回数が増えました。

仕事や課題はきっちり結果を出す必要がもちろんありますが、その過程で適度なテキトーさと寛容性というのは、マレーシア生活のカギかもしれませんね☆

マレーシア就職活動の際に「留学経験は評価の対象になる」か?

マレーシア留学の有無で判断されるというよりも、わたしが就職活動をして企業が見ていると感じたのは、

「マレーシア留学で何を学んだか」に加えて

「それをどう表現するか」などを見ていると思います。

例えば商社の面接では、単に「マレーシアでこんなことを学んできた」と伝えるだけでなく、その経験からどんなビジネスが出来るかどうかなどを聞かれました。質問に対して簡潔に答えることも求められているように感じたのを覚えています。そのため、留学前は留学中のために、留学中も留学後のために、自分が留学をした理由や何を感じ、何を学び、何をしたいのか…明確にはわからないとしても、考え続けることが大事になるかもしれません。

個人の力が問われる時代だからこそマレーシアで挑戦!

よく「英語が話せれば就職は有利ですか?」といった相談をいただきます。もちろん英語が話せることでいろいろな人とビジネスが出来るようになるので、メリットになることはあるでしょう。しかしマレーシアで仕事をしていると、日本人だと伝えない限りは「英語を話せるかどうか」なんてことは一切聞かれません。仕事では「わたしは何が出来るか」が問われるので、どこで仕事をするにせよ個人の力を付けていく必要があります。

もしご自身が「今何がしたいのか分からない」のであれば、「マレーシアに来てみて新しい出会いを求めてみる」という方法も良いのではないでしょうか?マレーシアの大学に進学するだけでなく、インターンシップやボランティアなど様々な方法があるので、ご関心のある方は是非、ご相談ください☆

 

SEE YOU SOON!

AOI