マレーシア留学&海外就職を経験したからこそ分かる!留学は仕事にどう役立つの?vol.91

こんにちは!

マレーシア在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。これまでにお伝えしたこともあるかもしれませんが、わたしは大学時代にマレーシア留学を1年間経験したうえで、日本の大学を卒業後、マレーシアに新卒で就職した経緯があります。

また、普段大学生の方々からキャリア相談を受けるなかで、

「マレーシア留学・インターンシップを就職活動に活かしたい!」

「留学したはいいけど、これから仕事にどう生きるのか分からない」

といったご相談をよく受けます。

そこで今回は、わたし自身がマレーシアで就職をしてみて感じる、

「マレーシア留学がいまの自分の仕事にどう生きているのか?」

についてお伝えてみようと思います!

①異なる文化・考えに柔軟性・寛容性を持って仕事が出来る

わたしたち日本人にも文化があるように、マレーシアやその他各国には様々な文化があります。食生活や気温、生活スタイルなど様々ですが、色々な要因も相まって、仕事の仕方にもそれは表れると思います。

留学時代にマレーシア人やアラブ系の方の考え方、仕事の進め方を苦労して理解に努めたおかげで、いざ働く!という今、比較的スムーズにマレーシア人の特徴を受入れることが出来ます。また、わたしが留学していた大学に進学したい!という学生さんも多くいるので、そういった方には学校内の生活や勉強等についてお伝えすることが出来るのも、留学してよかったと思う点です。

自分とは異なる文化・意見を「受け入れる力」を留学で身につけたおかげで、マレーシアだけでなく今後もいろいろな国の人たちとビジネスをしていきたいと考えています。

②何事も前向きに取り組むことが出来る!

マレーシア留学を経て、生活や交友関係、語学力などに対して少なからず苦労をしてきました。その甲斐あってか、自分自身の「マレーシア経験」に自信がつき、仕事でも前向きに捉えられるようになりました。

幼い頃から何事も「なんとかなる!」精神で育ってきましたが、現在でもなおポジティブに取り組めるのは、マレーシア留学の経験が少なからず影響しているように感じます。

最近インドネシアやベトナムなどを訪れるなかで、この前向きさはマレーシアだけに限らず、別の国・異なる分野のお仕事だったとしても活きていることを実感しています。

③思ってもみなかったことが選択肢の1つに!

たとえばマレーシア留学をしていなかったら、マレーシアでの新卒海外就職自体も選択肢として上がらなかったと思います。「日本でそのまま就職する」ことに疑問を持たず進路を進んでいたかもしれません。

また、いまはマレーシアで働いていることによって様々な道が拓けてきています。このように、留学したことによって人生の選択肢の幅が広がるというのも、仕事をしていて留学してよかったと思える点です。

やりたいことはやってみよう!

結局のところ、今わたしが「どこででも生きていけそう!」と思えるのは、個々の性格なども影響があるのかもしれませんが、留学〜海外就職の経験から来ているものかもしれないなと思います。

私の場合、今の自分があると思えるきっかけがたまたまマレーシアでの留学と新卒海外就職だっただけで、そのきっかけがアルバイトやインターンシップ、学業などの場合もあるでしょう。

とはいえ、全てはやってみないとわからないこと。やりたいと思ったことをまずはやってみることが大切だと思います。

こうして情報発信をしておきながら言うのもなんですが、やってみること以上に得られる情報はないと考えています。もし今あなたにとってマレーシアが選択肢としてあるのであれば、そのときは全力でお手伝いさせていただければと思いますので、ぜひぜひご連絡ください!

 

SEE YOU SOON!

AOI