マレーシア大学留学〜海外就職をした私が考える。留学経験は仕事にどう役立つの?

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

「マレーシア留学・インターンシップを就職活動に活かしたい!」

「留学したはいいけど、これから仕事にどう生きるのか分からない」

といったご相談をよく受けます。

プロフィールでも紹介している通り、わたしは大学3回生の後期に日本の大学を1年間休学。そしてマレーシアの大学に1年間私費留学をし、日本の大学を卒業後、マレーシアに新卒で就職しました。

そこで今回は、わたし自身の経験を踏まえて、「留学経験は仕事にどう役立つのか」について考えてみようと思います。

留学経験が仕事に役立つと感じる3つのこと

1)多様性をまずは受け止め瞬時に対応

わたしたち日本人にも文化があるように、マレーシアやその他各国には様々な文化があります。その分考え方も多様になり、さらには物事をハッキリと言われることが多くなります。

マレーシアでローカルと一緒に仕事をしていると、予想だにしなかった出来事や反応をもらうことがあります。そんなとき、

「まあそうだよね」「こんなもんよね!」

まずは受け止められる力というのは留学時代に鍛えられた点であり、今もなお仕事に生きています。特にマレーシアでは失敗やミスなどを責め立てるような対応をすると、開き直ってむしろ状況悪化に繋がります。想定外のことが起こったとしても、次の対応を瞬時に考え対応出来るようになったのは、海外で働くにせよ日本で働くにせよ、きっと生きてくると思います。

多様性が当たり前にあるマレーシア社会の中に自分の身を置くことで、色んな言動・考えに触れることが出来るのが留学の醍醐味であり、苦労でもあるわけですが、多様性に揉まれていくと自分自身も確立されていきます。

相手を受入れるだけでなく、自分もブランディングする。

そんな海外での生き抜き方というのは、いまマレーシアで働くうえでも非常に役立っています。

2)何事も前向きに取り組む

マレーシア留学を経て、生活や交友関係、語学力などに対して少なからず苦労をしてきましたし、思い通りにいかなくて当たり前な毎日を過ごしてきました。そのおかげで、想定通りにいかなくてもダメージが少なく(笑)、前向きに取り組むことが出来ます。

例えば、「待ち合わせには時間通り。なんなら10分前には来てる」という日本では当たり前なことも、マレーシアでは「On the way on the way!(今向かってる)」と言いながら、実は今やっと起きたところ。なんていうことも日常茶飯事。

なので時間通りにミーティングが開始・終了になるだけでも幸せを感じられるんです!幸福を感じる沸点が低いので、必然的に幸福度は高まりますね。

幼い頃から何事も「なんとかなる!」精神で育ってきましたが、現在でもなおポジティブに取り組めるのは、マレーシア留学の経験が少なからず影響しているように感じます。

3)可能性が圧倒的に広がる

たとえばマレーシア留学をしていなかったら、英語を話すことが出来なかったら、マレーシアでの新卒海外就職自体も選択肢として上がらなかったと思いますし、海外での仕事に目を向けることも無かったと思います。

「日本でそのまま就職する」ことに疑問を持たず、内定が出た企業に勤めていたかもしれません。

海外留学の経験があって、そこで学び得たものがあったことで、「日本のどの企業に就職するか」という選択の前に「世界のどこで仕事をしたいか(生きていきたいか)」という選択を考えることが出来たというのは、ひとつ自分の可能性を拡げた例だと思います。

留学経験は1つのキッカケ

わたしがこうしてマレーシアで働くという人生の選択をすることが出来たのは、ひとえにマレーシアへの留学経験があったからだと思います。

しかしそれまでには留学をしたいと思った出来事、そのなかでマレーシアを選んだ理由、そもそもどうして立命館大学政策科学部を選んだのか、人生の目標はなんなのか・・・といった大きなバックグラウンドがあります。

海外経験が正解かどうかなんて誰にも分からない

全てはやってみないと分からなかったことです。1つ1つに没頭していたらいつの間にか点と点が繋がっていました

なのでもし今、マレーシア海外就職をしようかどうか迷っていたり、留学経験がどう社会人になって生きるのか分からないという方。まずはトライしてみること。そして今の自分の仕事に全うしてみることが次につながるのではないかなと思います。

>> Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでマレーシアのホテルを探してみる

正直、マレーシアに留学したこと、新卒でマレーシアに海外就職で来たことが正解かどうかなんて、私にも分かりません。それでも自分の選択に後悔したくないから、進むしかないと思っています。

情報発信を通じてマレーシアのリアルを少しでもお伝えしていきたいですが、やってみること以上に得られる情報はないと考えています。

もし今「マレーシアにいること」が選択肢としてあるのであれば、それだけでご自身の可能性は広がっているとわたしは思います。とはいえ不安なこともあるはず。そんなときはお気軽にご相談ください。

マレーシアでお待ちしています!

SEE YOU SOON!

AOI