日本文化は大人気!毎年恒例マレーシアの盆踊り!vol.94

こんにちは!

マレーシアクアラルンプール在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。

日本も梅雨があけ、そろそろ夏本番が到来する頃ですね!そして夏のイベントといえば花火大会や夏祭り、ディズニーランドの水遊び、リゾート旅行など様々にありますが、マレーシアクアラルンプールではなんと毎年、盆踊りが開かれています。

今年の盆踊りも開催間近…!ということで、少し前になりますが、昨年の盆踊りの様子をお届けしてみようと思います。

 参加者3万人規模で毎年大盛り上がり!

実は昨年2017年の盆踊りではなんと、約3万5,000人もの人が集まったそうです。歩いていると普段以上に日本語を耳にする機会が多く、日本人家族や学生さんたちと多くお会いしました。さらに現地の方々もここぞとばかりに日本文化を満喫されているようで、大盛況です。

会場の中心には盆踊りの踊り場があり、太鼓のパフォーマンスや盆踊りが催されます。そして周辺では浴衣のレンタル屋さんがあったり、日本食屋台が出ていたりと、まさに夏祭りそのもの!

 大人も子ども楽しめる遊び場

わたしがいちばんはしゃいでしまったのが、射的とヨーヨー!どうしてもヨーヨーが掴めずにいるにも関わらず大はしゃぎの私を見兼ねて、スタッフの人が寛大な心で助けてくれています。(笑)

そのおかげで、うまくヨーヨーをひっかけることが出来ずに泣き始める子どもをよそに、私はヨーヨー3つゲット…!そのうち2つ友達に譲り、みんなで夏の風物詩、ヨーヨーをたのしみました。

もちろん射的でも景品獲得!幼少期に少し戻った気分になり、本当に楽しむことができました。会場では各々が浴衣を楽しんでいて、習ったばかりの日本語で話しかけてくるローカルの方々や、ブログ・インスタを見てくださっていたフォロワーさんも多くいらっしゃり、とてもうれしい出会いがたくさんあったことを覚えています。

 気合いを入れて浴衣で参加してみよう!

ちなみに昨年はわたし、少し気合いを入れて浴衣で参戦してきました!日本から浴衣を持ってきておらず、また、せっかく着るのであれば少しくらい良いものを…と思い、マレーシアで探していたのですが、なかなかピンと来るものに出会えずにいました。

そんなとき、伊勢丹だったらあるかも!?ということで、事前に 伊勢丹カスタマーセンターへ問合せ。するとKLCCであればいくつか用意があるということで早急に準備していただきました。

デザインも素敵なものがあり、小物も充実。わたしが購入したときは浴衣と帯がそれぞれ約RM300ほどだったので、合計で2万円ちょっと☆下駄は販売されておらず、別のコーナーで少しモダンなデザインのものが販売されているということで私はこちらを購入しました。

ただ、盆踊りでは結構歩くので、普段履き慣れたサンダルなどでも良いと思います。

ただし、帯締めに必要な小道具などは準備がないので別途用意する必要があります。(わたしは全て代用品で対応しました)

浴衣の準備はこれから!という方は是非一度、伊勢丹KLCC2階エスカレーター横にあるJAPAN PARKに行ってみてくださいね!

 2018年夏はいつ開催されるの?

さて、気になる今年の盆踊り情報ですが、7月21日に開催されるようです。場所は例年と同じクアラルンプール郊外にあるKompleks Sukan Negara Panasonicというフットサル場になります。シャーアラムにあるので、クアラルンプール中心地からは少し離れているのと、駐車場を見つけるのが本当に一苦労ですので、Grabを活用して行くのが良いかもしれません。

それでは会場でお会いしましょう!

SEE YOU SOON!

AOI