経験者が答えます!必ず聞かれるマレーシア海外就職に関する質問TOP5!vol.96

こんにちは!

マレーシアで新卒海外就職をしました、渡部 葵(わたなべ あおい)です。日本ではすでに就職活動も終わる時期かと思います。そのせいか、3月頃からありがたいことに海外就職に関するご相談が急激に増えてきている印象も受けます。

いろいろなメッセージをいただくのですが今回は、最近よくいただく質問とその回答を取りあげてみます。お問合せいただく前に、ぜひご一読いただければと思います。

Q1.どうしてマレーシアで新卒海外就職をしたのか?

これはよく聞かれる、いや必ず聞かれる質問なのですが、わたしがなぜマレーシアで新卒海外就職をしたのかを一言でいうと、「自分の目標を叶えるため」と答えています。

好きな場所で、やりたい仕事をする。

そのためのいちばんの近道だと思い、マレーシアでの新卒海外就職を選択しました。

では私がやりたい仕事とはなにか?それは、

「人の心も豊かになるビジネスをつくる」

こう思うようになったのは、高校2年生の頃の東日本大震災での被災経験@福島がきっかけです。

避難生活で街全体が疲弊困憊としているなか、みんなが少しずつ働きはじめた頃から活気が湧いてきたように感じました。その頃高校生ながらに考えたのは、

「ビジネスをつくることが出来れば、人の生活・心は豊になるのではないか」ということ。

そして、大学での企業研究やマレーシア留学を経験し、

「外から日本を揺さぶられるような仕事がしたい」

と思うようになりました。

この2つがわたし将来の目標を決める軸となり、今は実現に向けて努力あるのみ!と日々を過ごしています。

Q2.新卒で海外就職@マレーシアはできるのか?

はい、できます。私自身が新卒でマレーシアの会社に就職しました。ただし、新卒でビザが下りるのはMSCステータス(マレーシアの優良企業であることを示す称号)を保有している企業や、IT関連の会社など、限られた企業のみとなることもあるようなので、面接する際には、これまで新卒で日本人採用をしたことがあるのかどうか、確認してみると良いかもしれません。

Q3.海外就職、いつから準備を始めたら良い?

これは企業によって異なります。

通常マレーシアでは、新卒での採用枠があったとしても、「ビザが発行され次第、すぐに来てほしい」という案件がほとんどです。そのため、基本的に海外就職活動は大学卒業後、もしくは卒業する数ヶ月前から始まることになると思います。

中には日本の新卒一括採用の文化に理解を示し、日本と同じ時期、つまり大学3年生の春~夏の時期でも採用してくれる企業もありますが、これは非常に稀です。私自身、会社からの配慮のおかげで、大学3生時の就職活動を終えてすぐに今の会社から内定をいただきました。

例外が少ない日本の採用活動とは違い、企業や人材(あなたの実力・意気込み)によって募集要項は全く異なるということをご認識ください。

ちなみに私にご相談いただいた場合は、マレーシアに限らず東南アジア各国での求人を把握されているキャリアアドバイザーの方や、企業の採用担当者の方をご紹介できますので、興味ある方はぜひご連絡ください。

Q4.海外就職に履歴書は必要?

はい、必要です。

もしかすると日本以上に、企業は履歴書に書かれた候補者のスキルを重視されているといっても過言ではありません。採用選考時の企業だけでなく、就労ビザを発行する際も、移民局はしっかり履歴書を読んでいるためです。

「履歴書の準備」と聞いて当たり前のように聞こえるかもしれませんが、意外と履歴書の準備をされておらず、作成に1~2ヶ月かかる方も多いのが実情だそう。面接を受けるまでに、キャリアアドバイザーの方に連絡する方もいれば、志望する会社へ直接問合せる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、特にアドバイザーにまず連絡をする際は、最低でも日本語の履歴書はあらかじめ用意しておくことをお勧めします。これは、合否を判定するためではなく、「ご自身の要望に合った求人を提案するため」です。

例えば現在は大学に在籍しているなかで就職活動をしているのか、大学を既に卒業した上での就職活動なのか、はたまた中途採用・第二新卒での就職を希望しているのか…

私からアドバイザーの方にご紹介させていただく際にも、こういったご自身の状況を把握することで、その後の流れが最適かつスムーズに進むと思います☆

ちなみに日系企業であれば日本語の履歴書で選考が進められるかと思いますが、英語の履歴書はビザ発行の際に提出が求められるので、いづれにしても作成が必要です。英語を苦手に感じている場合は、ネットで調べるとテンプレートがたくさん出てきますし、必要に応じて訂正できるよう、保存しておくと安心です。

Q5.どんな仕事があるのか?

求人情報はさまざまです。日本のメディアでもよく紹介されているようにコールセンターでのお仕事はいつも求人大募集しているので、「とにかくマレーシアに行きたい!」という方は応募してみるのも良いかもしれません。

ただ、どの仕事に応募するにしても考えておきたいのは

「どうしてマレーシアに来るのか」

「どうしてその仕事なのか」

という点です。

もしご自身が、キャリアアップや成し遂げたいことがあるのであれば、仕事の内容や会社は妥協せずに選んでいきましょう!

 

以上、よく聞かれる質問5つとその回答について書いてみましたので、是非こちらをご一読のうえ、ご相談をいただければと思います。

 

マレーシア、そして海外就職があなたの夢実現の一歩になりますように。

 

SEE YOU SOON!

 

AOI