マレーシア海外就職の休日、どう過ごす?ローカルに大人気のバドミントン!vol.104

こんにちは!

マレーシアクアラルンプール在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。

海外就職した際の休日の過ごし方や仕事終わりに何をしているのかなどを最近、セミナーなどでよく聞かれるのですが、わたしは週に1〜2回ほどバドミントンレッスンを受けています。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、マレーシアではバドミントンが国技とされており、バドミントン専用のホールは終日、夜中の12時まで多くの人でにぎわっています

もともとは、わたしが勤めている会社でマレーシアのバドミントン留学を取り扱っているのがバドミントンを始めるきっかけだったのですが、今ではお客さま以上にバドミントンにハマってしまっています。

ということで今回は、日本からマレーシアへ強化合宿でお越しになりたい方、そしてマレーシア在住の方にもとってもオススメな、マレーシアのバドミントン事情についてお伝えしてみようと思います。

 バドミントンアカデミーってどんなところ?

バドミントンアカデミーとは、バドミントンのクラブチームをさします。マレーシア国内には数えきれないほどのアカデミーがあり、コーチやアカデミーの実績、トレーニング費用等によって選手が所属を決めます。日本ではバドミントン大会というと学校対抗になるかと思いますが、マレーシアではクラブチーム対抗になります。ミニバスや少年野球チームといったところでしょうか。

また、先ほどお伝えしたとおりマレーシアにはバドミントン専用のバドミントンホールが存在していて、基本的にどのホールも全部で20面以上は必ずあります。夜の時間帯になると大人も続々と参加しにくるので、ざっと数えても100人以上はアカデミー内にいる様子。それだけでもマレーシアでのバドミントンの人気っぷりが見て取れます。

ちなみにわたしが所属しているアカデミーはコーチがマネージャーとして経営も兼任しており、本人も数年前までナショナルチームに在籍していたそうです。マレーシアの有名バドミントン選手「リー・チョンウェイ」と同じチームでプレーしていたという実力者で、大会に顔を出せば知らない人はいない、と言われるほど。今年は大会に出てみたいと思っているので、そのためのトレーニング内容を考案してくださっています。

バドミントンアカデミーにはどんな人が来るの?

バドミントンアカデミーは独自のトレーニング場を持っている場合もありますが、基本的にバドミントンホール内にいろいろなアカデミーが練習をしに来ます。ひょんなきっかけでこちらのアカデミーでトレーニングを受けていますが、州代表の選手が多く所属していたり、4歳のお子さんが必死にトレーニングを受けている様子をみると、わたしのアカデミーではとても野心ある選手が集まっているように思います!

子どもたちだけでなく、わたしのように趣味のひとつとしてトレーニングを受けている大人もいれば、企業のチームがトレーニングに来ることもあり、様々な年齢層のプレイヤーが練習に参加しています。なかにはタイやシンガポール、オーストラリアなどのチームが練習にわざわざ参加することもあるので、これまでの結果が他国でも評価されているアカデミーになります。さすが元ナショナルプレイヤー。初心者から上級者までどんな人でもバドミントンを上手になりたい人を迎え入れ、どんな人でも上達させていくという自信があるのが伝わってきます!

 バドミントン留学の気になる費用は?

気になるお値段ですが、プライベートレッスンの場合、2時間1セッションでRM300(8,000円ほど)、グループレッスンだと1セッションRM100なので2,500円程度となっています。長期での申込であればもっと安くなりますが、単発での申込も出来るので、体験授業(コースによっては無料/割引価格で有料)に一度参加してみると良いかもしれません。

トレーニング費用は決して安いわけではないので、アカデミーに参加する人は比較的裕福な方が多いです。バドミントンコートも1時間の利用料金がRM30(800円くらい)なので、トレーニングを受けていない人たちも余裕ある印象を受けます。駐車場をみても、高級車が多く停まっており、経営者やお医者さんの場合が多いです。

マレーシアでの生活は、車移動が基本なので動くことが少ないこともあり、こうした運動の機会はとても貴重です。また、バドミントンをしている人はビジネスマンの方も多いので、ビジネスチャンスの出会いも多くあります。

日本からの強化トレーニングとして、そしてマレーシア在住の方は日頃の運動不足解消のひとつとして、バドミントンはいかがでしょうか?

ご興味ある方はぜひぜひご連絡くださいね☆

 

 

SEE YOU SOON!

 

 

AOI