こんにちは!

マレーシアクアラルンプール在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。

わたしがここマレーシアクアラルンプールに来て半年くらい経った頃から、毎月必ずしていることがあります。それは「ちょっと贅沢に、美味しいものを食べに行く」ということ。それは日本食のときもあれば、ロブスターやフレンチなど様々ですが、新しいお店や気に入ったお店には必ず足を運ぶようにしています。

そして、もともとお寿司が好きだったわけですが、その頃から沸々と自分の中でお寿司屋さんブームが続いており、いろいろな所を訪問させていただているのですが、どのお店も笑みがこぼれてしまう美味しさです。

そして先日、ついに待望の「Sushi Hibiki」がオープンされたので、ご紹介してみようと思います。

まずは懐かしくも繊細な先付〜お椀、お造りを愉しむ

今回は初めて訪れたので、おまかせをお願いすることになりました。おまかせコース(雅コース)では旬のものを取り扱っていること、私自身食事と会話に夢中になりすぎて全てのお食事を撮影していないことを先に伝えておきますね!

さて、席についてまずはウェルカムドリンクとして、緑茶かスパークリングワインを選べます。もちろん私は迷わずスパークリングワインをオーダー。写真には残していませんが、先付と一緒にいただきます。

それから個人的に感動してしまったのが、こちらのお椀。優しい味に、ついつい飲み終わったあとにまたいただきたくなってしまう、そんなほっとする味です。クアラルンプールにはたくさんの日本食屋さんがありますが、なかなかお目にかかることのない料理なので、久々のこの味に感激してしまいました。

それから、いわゆる前菜がこちら。左のあたたかいものからいただきます。コースや日によって内容は変わるかと思いますが、山芋やわさびの効いた和え物がとても美味しかったです。

続いて煮物。懐かしいような、そして繊細な、そんな味。お寿司をいただく前から料理を愉しむことが出来るのも、コース料理の魅力です。

ちなみにこの頃から、ドリンクはスパークリングワインから焼酎に変わっています…^^;

クアラルンプールでは、日本酒は比較的見つけやすいですが、美味しい焼酎を販売しているお店やレストランが少なく、ついつい何度もいただいてしまいました。

お寿司の食材はおまかせで!

そしてついにメインのお寿司!ここまででも充分、感性もお腹も満たされた気分ですが、お寿司をいただいて更に幸せ気分は上昇。最初に食材の好みや食べられないものなどを聞いてくれたうえで色々なお寿司を握ってくださるので、ここはおまかせ。

私が大好きな海老や白身を中心に、うにや穴子、そして旬のものを組み合わせていただきました。シャリはふわっとしていて優しくて…「美味しい」「幸せ」としか言いようがないくらいの美味しさ。幸せを噛み締めていました。

そしてこちらは個人的にお気に入りの1枚。

お料理やお寿司はもちろん、このカウンター席から目の前で見れる職人の姿にも惚れ惚れ。誤解を恐れずに言うと、色気さえ感じる雰囲気です。普段とは全く違う様子に、ここが勝負の場所なのだなと、素人ながらに感じます。

お気に入りはお新香巻き

そしてお寿司も終盤に差し掛かります。贅沢な食材をたくさんいただきましたが、そのなかでも特にお気に入りだったのが、こちらのお新香巻。大葉と鰹節も中に入っています。良いアクセント。素朴ながらに、センスも感じられる味です。

そして驚くなかれ!こちらの鰹節はなんと、その場で削ってくださっているんです。日本でもなかなか見られない風景に、思わず身を乗り出して写真を取ってしまいました。

日本だから、マレーシアだからというのは関係なく、この場にいれば日本文化、そしてSushi Hibikiのこだわりを感じることが出来ます。こういった、食事だけでない「経験」そのものが、お客さんを呼び寄せるのでしょう。

そして最後にデザート。

抹茶のパンナコッタ。こちらも程よい甘さで、お腹いっぱいでもついつい食べ進めてしまいます。最後の最後まで美味しさが途切れず、もっとお寿司やSushi Hibikiのことを知りたくなってしまう時間でした。

コースや食材は選べるの?

ちなみにこちらのSushi Hibikiのコースは4種類あるようです。

 - 響 Hibiki Course (Rm240)

 - 粋 Iki Course (RM360)

 - 凛 Rin Course (RM480)

 - 雅 Miyabi Course (RM700)

雅のコースが、いわゆるおまかせになりますが、1週間前に予約が必要ということでした。コースごとの内容はSushi Hibiki のホームページに記載しているようなので、是非一度チェックしてみてください。

お店の情報は?

場所はツインタワー隣に位置している、Four Seasons Hotelの地下1階になります。隠れ家的名店として、お店を探すのもひとつの楽しみとして、訪問してみてほしいので、ここでは詳しい場所の説明は省きますね^^

ちなみにちょっとした裏話になりますが、こちらSushi Hibikiのインスタグラムやメニュー作成、動画・ウェブサイト作成といったマーケティングに関しては、わたしが所属している会社でお手伝いさせていただきました。今後、わたしとしてもこうしてチャレンジしたい方を応援出来るようになりたいですし、そのために今は、自分自身が今あるチャンスをモノにしていきたいと感じます。

さて、気になる予約方法は、こちらSushi HIBIKIから

営業日:火曜日〜日曜日
ランチ: 12:30 PM to 2:30 PM
ディナー: 6 PM to 10 PM (Last Order)

マレーシア在住の方、そして日本から旅行でお越しの方、普段感じることのない味や空間を是非、Sushi Hibikiで愉しんでいただければと思います。

 

SEE YOU SOON!

 

AOI