ジョホールバルが今アツイ!?大注目のFOREST CITY、初見学レポート!vol.109

こんにちは!

マレーシアクアラルンプール在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。

「マレーシア」と聞いてみなさんはどんな街を思い浮かべますか?首都クアラルンプールのツインタワーやオフィス街といった都会を想像されるひともいれば、道路などもない途上国をイメージされる方もいると思います。最近になってやっと注目されはじめたマレーシアですが、まだまだマレーシアの姿というのは日本では見えにくい存在のようです。

たまに、お隣シンガポールのマーライオンを思い浮かべる方もいらっしゃるのですが、一方で、シンガポールとマレーシア間は車やバス、タクシーの陸路で行き来出来るという現地情報をご存知の方も多いのではないでしょうか。

そしてそのシンガポールと接しているマレーシアの都市がジョホールバルになるのですが、つい先日、数年ぶりのジョホールバル再訪の機会がありました。その際、いま日本からも注目されているらしいFOREST CITY(フォレストシティ)という都市開発エリアを見学してきたので、そのレポートをしてみようと思います☆

FOREST CITY(フォレストシティ)とは?

FOREST CITY(フォレストシティ)とは、マレーシアのジョホールバルで行われている、大規模な都市開発プロジェクトをさします。さきほどお伝えしたように、ジョホールバルはシンガポールと隣接しているので、シンガポールに面したマレーシア側の国土で4つの人口島をつくりあげ、自然環境も配慮したクリーンな町づくりを目指しています。だからこそ、森を意味する「フォレスト」がプロジェクト名として採用されているそうです。

英語がわからなかったとしても、「フォレストシティ」と聞くとなんとなく、緑が多いイメージを抱けるのも、親しみが持ちやすいポイントなのかもしれませんね!

実際に完成したアパートの外観がこちらになりますが、写真を見ても分かるように外観には植物がデザインされており、構想されたイメージ通りに建物が完成していっているのだなと感じました。植物には自動給水のシステムが完備されているそうで、自然と時代を感じられる造りになっています。

FOREST CITY には何が出来るのか?

フォレストシティには、大多数のコンドミニアムショッピングモールはもちろん、オフィススペースが出来る予定です。その他にも、有名インターナショナルスクール病院なども出来るようで、フォレストシティに住めば生活の全てが完了するような仕組みになっています。現時点ではコンドミニアムの一部とホテル、ショッピングモールやプール、フォレストシティを紹介するためのギャラリーなどが完成しており、わたしが訪れたときも、多くの観光客や投資家などでにぎわっている様子でした。

完成前の現段階でここまでのにぎわいがあるということで、今後の期待値がとても高まります!

ちなみにこちらの写真は、フォレストシティ到着前に社内から撮影した写真。高層コンドミニアムがずらっと集結しており、これだけ離れた場所から見ても、その迫力に圧巻されてしまいます!10万戸以上ものお家がこれから作られるというのですから、プロジェクトのスケールの大きさが見て取れますね!

子どもが遊べるスペースが充実!

そして今回フォレストシティを訪問して少し驚いたのが、想像以上にお子さんたちでにぎわっているということ。フォレストシティのショッピングモール内を少し進んでいくと、普段は踊り場になっているであろうエリアで、現地の学校の子どもたちが出し物をしていたり、アクティビティで遊べるようになってたり、キッズグッズを販売したフリー真ケットが開催されていました。その他にも、子どもを預けておくことができるキッズスペースや、無料でドリンクが飲めるサービスなどがあり、お子さんたちとそのご家族をターゲットしているのが見て伺えます。

そしてこちらは訪問者が気軽に利用することが出来るスイミングプール!

その奥には人口ビーチまであります!子どもたちの楽しそうな声が遠くからでも聞こえます☆

こうして周囲を見渡してみると、訪問者のほとんど中国人であることに気がつきました!フォレストシティのディベロッパー自体が中国の会社になるので、それもあって中国本土から投資目的で見に来る方も多いそうです。現にセールスギャラリーをぐるっと見ていると中国語で話しかけられます。ただ、実はマレーシアが新政権に変わったことで中国からの送金が出来なくなり、中国の投資家さんたちが色々な方法を模索している…なんて噂もあります。大人の事情が垣間見えますが(笑)、中国本土からジョホールバルへ直行便を出したり、数百名の販売員を導入したり、このスケールの大きさはやはり中国らしいなと感じます。

定期的に訪問することで、フォレストシティの変遷が分かると思うので、今後もまたジョホールバルに行くことがあれば、フォレストシティには必ず訪れてみたいなと思います。

ジョホールバルといえばフォレストシティ!

このように、市民が集う場所としてフォレストシティがすでに機能していることに少し驚いた今回のフォレストシティ初見学!周辺のコンドミニアムなどが完成されたあともこうして活気ある姿であることを祈ります☆

これからがとっても愉しみな街ですね!

ちなみに、フォレストシティはジョホールバル訪問には欠かせない見学スポットだと思うので、東南アジアでの新しい都市開発に興味のある方は是非、訪問してみてください!フォレストシティと合わせて、インターナショナルスクールやコンドミニアムの見学ツアーなどご希望の方はぜひぜひ、ご相談くださいね☆

 

SEE YOU SOON!

 

AOI