マレーシアで理想のライフスタイルを〜新卒海外就職から1年を振り返り〜vol.119

こんにちは!

マレーシア在住の渡部 葵(わたなべ あおい)です。

2017年6月末に新卒海外就職のためマレーシアに到着し、あれから1年が経ちました。早いもので、あっという間ですね!もう「新卒」は卒業し、社会人2年目に突入です。ひたすらに走り続けてきたこの1年間ですが、悔しい思いをすることもあれば、その分うれしさや楽しさも大満喫する毎日を過ごしてきました。この1年間の1日1日は私にとって本当にかけがえのないもので、このブログを通じて、マレーシア生活や海外就職の魅力を少しでもみなさんに伝わっていればなぁ、と思うばかりです。

そこで今回はこの1年間を少しばかり、振り返ってみようと思います。

 1年間どんな仕事をしてきたの?

わたしがこの1年間で携わってきたお仕事は非常に多岐に渡りますが、クアラルンプールを本拠点にマレーシア留学エージェントとして働いてきました。語学留学や大学進学、インターンシップのご案内もございますが、特にご好評いただいたのはマレーシア親子留学です。お子様はインターナショナルスクール、親御様は語学学校というプログラムなのですが、1週間など短期でもご参加いただけるので、夏休みは本当に多くのご家族に参加していただきました。

一方で、このブログを運営しはじめたことにより、海外でのキャリアに関する講演会の依頼や、メディアサイトでの執筆活動など、個人でのお仕事も頂戴する機会が多く増えまして、どれもこれもマレーシアに来たからこそのお仕事だと思います。

 新卒でマレーシアに来てよかった?

マレーシアでの海外就職に関する相談を受けるなかで、「マレーシアに来てよかったかどうか」は必ず聞かれる質問ですが、私はマレーシアでの新卒海外就職にチャレンジしてみて、本当に良かったと思っています。

その最大の理由は、「圧倒的なスピードで、色んなチャンスが巡ってくる」からです。今年1月頃の記事でも海外就職のメリットとして紹介していますが、この1年間やってみて結果、そうだったと思います。

【AOIのマレーシア生活】現地に来らからこそ感じる!海外就職のメリットとは?vol.4

日本で就職した場合と比較してマレーシア海外就職の道が良いか悪いか、仕事の責任が大きいか小さいか、といった比較というのは、よくご質問いただくのですが私は日本で働いていないので分かりかねます。

ただ、「自分が求めている、もしくはそれ以上のスピード感と重量で仕事が出来ていること」がポイントで、それを手に入れる方法として「海外就職」を最大限に活用すれば良いのだと思います。もちろん海外就職をすれば必ず求める仕事が出来るとは限りませんが、海外就職を利用して理想とする仕事・働き方、ライフスタイルを手に入れることは出来ると思います。あとはそのための努力を怠らないことが分かれ道でしょう。

 発信することで仕事を作れる時代

わたしがなぜブログや執筆活動をするのか?

という質問への回答にもなりますが、わたしはこのブログを始めてから少しずつ、色々なお話をいただくようになりました。例えばマレーシアやシンガポールで有名なヘアサロンからブロガー・インスタグラマーとしてのパートナーシップが来たり、メディアサイトからのライターとしての活動、普段のマレーシア留学に関するご依頼など、内容は様々です。

私がブログを書く理由〜情報発信が仕事を作り時代だからこそ〜vol.2

また、私自身がマレーシア現地を拠点としていることで、普通であれば会えないような方々と仕事をする機会があったりもします。もちろん話を取ってくるだけでなく、結果もだしていく必要はありますが、そのチャンスをつかむ、という意味で海外就職、そして情報発信をしてきた毎日というのは、間違いなかったのだと思います。

むしろ、正解にするための方法だった、ともいえるかもしれません。

「発信することで仕事を作ることが出来る」

これはインターネット時代の今だからこそ、若者たちがチャンスを多いに掴むことが出来ることだと思います。

海外就職という自分の経験があってこそ、今の自分や今の仕事があるのだと思うと、総じて来てよかったと思います。

 とにかく前進あるのみ!

S__4136968

ありきたりな言葉に聞こえるかもしれませんが、

「前進あるのみ!」

この一言に尽きると思います。上の写真はかなりブレブレですが実はとってもお気に入りで、こんなふうに毎日笑って過ごしていられるのも、マレーシアに来たおかげですし、送り出してくれた家族、遠くからでも会いにきてくれる友人たち、マレーシア現地でたくさん助けてくれる親友たちがいるおかげです。

「日本での就職活動に失敗したから…」

「やりたいことがあるから」

マレーシアに来る理由、海外就職を目指す理由は何でも良いと思います。

マレーシアに来ることで、ご自身が理想とするライフスタイルを手に入れられるのであれば、私はそのために少しでもお力になれたらと思っています。

このブログを読んでみて少しでもチャレンジしてみたいと思ってもらえたのであれば、一度足を運んでみてください。

 

SEE YOU SOON!

 

AOI