日本から乗継ぎ1回!自然溢れるインドネシアの避暑地バンドンへの行き方vol.131


こんにちは!

海外ライフプランナーの渡部 葵(わたなべ あおい)です。

毎月マレーシア国内外、いろいろなところを旅行している私ですが、この11月はインドネシア・バンドンに10日間ほど滞在しています。バンドンはこの1年で既に4回目!緑豊かで、こじんまりとしながらもにぎわう街の雰囲気が大好きです。何よりバンドンは避暑地として最高な場所なので、のんびりスローライフを送るにも良いですし、インドネシア語や英語の語学留学、そして大学留学にも最適な場所として知られています。

そこで今回は、日本からインドネシア・バンドンへの行き方をご紹介してみようと思います。

インドネシア・バンドンの基本情報

インドネシア・バンドンについては過去にもまとめていますが、首都ジャカルタに次ぐ、インドネシアの第2の都市といえるでしょう。日本でいうと、いわば大阪のような立ち位置です。

インドネシアの第2の都市!Bandung(バンドン)ってどんなところ?vol.128

インドネシアにはジャカルタやバリ、バンドンの他に「スラバヤ」という街があるのですが、スラバヤの人口が約280万人であるのに対し、バンドンは約240万人に留まるので、スラバヤが第2の都市、バンドンは第3の都市という紹介もあります。何を基準にするかにもよりますが、私個人の友人たち(全員がバンドン出身)からは「バンドンが第2だ!」と言われているので、このブログでは独断と偏見で「バンドンはインドネシアの第2の都市」とします。

実際にバンドンを訪れてみると、狭くて信号のない道を大量の車とバイクが行き交うので、大都市ジャカルタやクアラルンプールとはまた違うにぎやかさを感じられると思います。どちらかというと、ベトナムのハノイをにおわせるような、そんな雰囲気です。

日本からはたったの乗継ぎ1回!

東京発着の場合、ジャカルタ・バリ・クアラルンプールで乗継ぎしてバンドンにいく方法があります。

飛行機の運航状況や希望するトランジットのスケジュールによっても変わってきますが、最短の目安として11時間〜15時間ほどで着くようです。航空券の料金は3万円から!破格ですね…!雑な言い方かもしれませんが、一度東南アジアに入ってしまえば、マレーシアのLCC航空会社エアアジアはじめ、その他航空会社が各国・都市に毎日数本、運航しているのも当たり前なので予定が立てやすく、東南アジアをいろいろと周遊することが出来ます。

ちなみに今回、クアラルンプール〜バンドンの往復航空券を3日前にエアアジアで予約しましたが、1人12,000円くらい!直前で予約してもこのお値段ですから、前々から予約すればもう少し安く予約出来ると思います。

ジャカルタから車でも行けるバンドン

例えばインドネシア旅行自体が初めて!という場合、「まずは首都ジャカルタも見てみたい」という方もいらっしゃるでしょう。そんなときはジャカルタに滞在後、飛行機以外にも、車でバンドンへ行くことも出来るんです!ジャカルタ〜バンドンの所要時間は3時間ほど/片道となります。ただし、渋滞にハマってしまうと4時間、5時間・・・とかかることも常。

そのため、

  • インドネシアの色々な街並を見てみたい
  • 旅費を抑えたい
  • 車での移動が好き

という方にはオススメですが、タイトスケジュールの場合はフライトをオススメします。とはいえ、フライトは飛行時間が短いだけで、空港までの移動などを考えるとトータル3時間かかって結局車移動と時間は変わらないなんてこともあるかもしれませんね^^;

インドネシア・バンドンへ行こう!

インドネシアのバンドンという土地は、まだまだ日本人の間でも知られていないエリア。また、クアラルンプールやジャカルタと比較しても英語がまだまだ通じにくい場所ですし、Grabなどもありますがタクシーが主流だったりもします。一方で、街を歩いてみるとインドネシアが親日国家であることを肌に感じることが出来ますし、ちらほら日本人を見かけるのも事実。

緑に溢れ避暑地でもあるバンドンは、ジーンズが有名だったり、アーティストが集う街ともいわれています。またおしゃれなカフェもたくさんありますし、ショッピングの聖地でもあるので、美意識が高い人が多い印象です。

  • ガイドブックには載っていない、ちょっと変わったインドネシア旅行をしてみたい方
  • 緑豊かな場所でのんびり語学留学や大学生活を送りたい方
  • ジャカルタ〜バンドン間の車の手配をしたいという方

旅行から長期滞在まで、ご興味ある方は是非、ご相談くださいね!

 

SEE YOU SOON!

AOI