クアラルンプールの定番!ディナーに困ったらHakka Restaurantに行こう!vol.132


こんにちは!

海外ライフプランナーの渡部 葵(わたなべ あおい)です。

マレーシアといえば、多国籍な料理が楽しめるのが1つの魅力ですが、たくさんありすぎて「実際なにをどこで食べよう?」と頭を抱えてしまう方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、クアラルンプールには日本人御用達の定番中の定番!中華系鍋料理屋「Hakka Restaurant(ハッカ・レストラン)」についてご紹介してみようと思います。

Hakka Restaurantに来たら鍋を頼もう!

こちらのレストランのいちばんの売りは鍋料理!マレーシアでは「Steam Boat(スティームボート)」と呼ばれるものになります。ちなみにこちらのレストランではメニューに日本語も記載してありますし、日本語が話せるスタッフの方もいるので、ちゃんと注文出来るか英語が不安・・・という方にとっても安心のお店です。

野菜たっぷりで具材は豆腐や肉団子、海鮮など。スープはシンプルな味付けですが、食欲をそそります。

基本的に鍋は3段階あるのですが、

①野菜と肉団子

②野菜と海鮮

③麺類

になります。それぞれの工程はお店の方が全て準備してくれるので、あとは出来上がるのを待つだけ!お酒も注いでくれるので、気を遣うことがなく宴会場としてもぴったりのようで、いつ行っても日本人客でにぎわっています。

中華料理も美味しいHakka Restaurant

Hakka Restaurantは鍋だけでなく中華料理の一品も美味しいです。特にみなさんに食べていただきたい2品を紹介します!

チャーシューパオ

あまじょっぱく煮込んだチャーシューをふわふわの蒸しパンに包んで食べます。チャーシュー自体も美味しいのですが、食べ終わりかける頃に見え始める細かいチャーシューやソースがたっぷりかかったレタスも美味♡最後まで楽しめてしまいます。

レタス包み

そしてこちらも包みもの!名前が分からないのですが、お豆腐や野菜、キノコの炒め物をレタスに包んで食べます。お好みでチリソースなどをかけていただきましょう。

いずれも日本人好みの味ですし、みんなで楽しめる食事だと思います。

開放感あるHakka Restaurant

Hakkaはもともと室内と屋外に席が分かれており、鍋をしたいときは屋外の席になるのですが、窓がないぶん、本当に開放感あるなかで食事が出来ます。そしてHakkaのもうひとつの魅力といえば、天井が開くこと!店内にはいってしばらくすると、天井が開くのですが、これがとっても気分が良いんです!マレーシアは常夏の国で、日中はもちろん日差しは強いのですが、夕方以降になるとだいぶ涼しくなり、とても過ごしやすいです。

天井が開くとクアラルンプールの大都会の雰囲気が感じられます。

初めてのクアラルンプール旅行にはHakka Restaurant

気になるお店についてはこちら!うれしいことに、なんとランチタイムも営業しています。お昼も夜と変わらずお酒も飲めますし、鍋料理もいただけますので、帰国便の関係などで夜はどうしても行けない…という方はお昼に足を運んでみてください。夜とはまた違った雰囲気を楽しめると思います。

Hakka Restaurant(客家飯家)の基本情報

営業時間:12:00 〜 15:00  /  18:00 〜 23:30

住所:6, Jalan Kia Peng, Kuala Lumpur, 50450 Kuala Lumpur

(クアラルンプールの高級ショッピングモール「Pavilion」のすぐ裏)

ホームページ:http://hakkakl.com/

いかがでしたでしょうか?

マレーシアのクアラルンプールに来たら一度は行きたいこちらのHakka Restaurant。ボリュームが多いので、頼み過ぎは注意ですが、お値段もお手頃なので、是非ご友人や仕事仲間の方々とわいわい、楽しんでくださいね。

 

SEE YOU SOON!

AOI