経験者が教える!マレーシア海外就職の4つの基本ステップ!vol.134


こんにちは!

海外ライフプランナーの渡部 葵(わたなべ あおい)です。

最近少しずつ進路のひとつとして広まりつつある「海外就職」ですが、実際のところ求職から渡航まで何をどう進めたら良いのかわからない…!という方もいらっしゃると思います。面接はスカイプなのか、実際にマレーシアまで来ないと行けないのか、などなど、海外就職には興味があるけど何もわからなければ行動にも移せませんよね。

マレーシア海外就職を目指す方必見!現地採用の求人を探す3つの方法!vol.93

そこで今回は、海外就職で渡航に至るまでの大まかな流れについてご紹介してみようと思います。

1)信頼出来る転職エージェントを探す

まずは転職サイトに登録するところからスタートする場合が多いと思います。「転職サイトであればどこでも良い」というわけではなく、地域や案件によって特徴があるようなので、東南アジアでの海外就職を目指す方は東南アジアでより良質な求人案件を持っているところ、実績のあるところを選びましょう。

なお新卒海外就職の場合、ビザの取得が難しいため、転職サイトでは対応してくれない場合が多いようです。というのも、企業側から内定が出てもビザが発行されなかった場合、内定自体が取消になってしまいます。そうなると、転職サイト側としても報酬が発生しないため、そのリスクはとらない傾向にあるとのこと。応募時点でまだ在学中か、すでに大学卒業されているかでも変わってくるかと思いますが、マレーシア政権が変わって以降、就労ビザの取得が更に難しくなってきていると聞きますので、そのリスクについてはきちんと認識しておきましょう。

2)履歴書の提出〜面接

転職エージェントに登録するとまず希望する国や職種、業界、その他条件などを相談し、求人を紹介してもらいます。書類審査が通れば面接になりますが、面接は基本的にスカイプを利用して行う場合が多いです。日本に本社がある会社でも、海外就職は現地採用になるので、その裁量権は現地法人にあるためです。

たまに、担当者の日本出張と合わせて面接を実施したり、応募者が下見を兼ねて現地を訪問することもあります。例えばマレーシアに一度も来たことがないという方であれば、一度マレーシアにお越しいただいて、生活出来そうかどうかなどを感じていただきたいと思います。

3)内定承諾〜ビザの準備

内定が決まるとまずはビザの準備から始めます。ビザ申請に必要な書類を提出していくのですが、申請は全てオンラインで行われるので、ご自身の履歴書や証明写真などは必要事項をよく読んだうえでPDFで準備しましょう。

また、大学卒業証明書や推薦状などの書類に関してはスキャンが必要です。写メやスマホのアプリではなく、コピー機を使って鮮明なスキャンコピーを準備しましょう。不鮮明な部分などがあると再提出となり、手続きがどんどん遅れてしまうので注意です。

4)航空券の購入・一時滞在先の手配

ビザが発行されたら会社と渡航日を相談します。

会社が社員寮を保有している場合はそこに宿泊することが出来ますが、多くの場合は自分で滞在先を探さなければなりません。マレーシアの賃貸物件は最低1年契約になるので、この長期契約をするためのお家を探す間の1時滞在先をAirbnbなどを活用して事前に予約します。通常は1ヶ月ほどでみなさん家を決めていらっしゃるようです。短期滞在先であれば私からもご紹介出来ますので、ご連絡くださいね。

キャリアコンサルタントに相談するのもアリ!

転職エージェントには問い合わせてみたけど結局どこ使ったら良いか分からない…!

そんな方は、アジアでの海外就職に強いキャリアコンサルタントの方もご紹介させていただきます。転職エージェントのように企業からの報酬に偏らない、あくまでもご自身のキャリアを相談出来る場というのは大切です。

友人や家族に相談するのとは別に、キャリアのプロに相談するのもご自身のステップアップの近道かもしれませんね。

 

以上、海外就職で応募から渡航までの流れについてでした!

SEE YOU SOON!

AOI