医療費や保険適用の病院はどこ?マレーシア生活の医療事情

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアでの海外生活を始めるとなると、万が一なにかあったときの保険内容は気になるもの。

例えば、海外保険では歯科診療は対象外だったり、診察内容によっては適用外だったりと、その手当内容はきちんと確認する必要があります。海外就職をされる方が会社で加入する場合、なかには「任意加入だから実はまだ加入してなかった…!」なんてこともあるようですし、あまり考えたくはないですが病気や事故にあったときの対応や医療費、周辺の医療環境については事前に把握しておく必要があります。

そこで今回はマレーシアの医療事情についてお伝えしてみようと思います。

マレーシアの病院事情

マレーシアでは私立病院・個人クリニックを利用しよう

そもそもマレーシアの医療制度は日本と大きく違います。というのも、マレーシアには健康保険がないからです。そのかわり、マレーシア人であれば国立病院であれば医療費のほとんどを国が負担してくれます。私たち日本人含め外国人も利用することは可能ですが、少なからず料金が発生します。

「医療費が安い」と聞くと魅力的に聞こえるかもしれませんが、マレーシアの国立病院というのは正直、医療設備やレベル、衛生環境など総じて期待できないというのが実情。さらにマレーシアの国立病院というのは、マレーシア人のなかでも主にマレー系を主な対象としているため、やり取りも全てマレー語です。

そのため、マレーシアでは私立病院か個人クリニックを利用しましょう。

実際の医療費はどのくらいかかる?

私立病院を利用する場合、ホテルのような施設とサービスを受けられる代わりに、高額な請求になります。短期滞在であればクレジットカードの海外保険が適用されることも多いので実質無料で利用出来ますが、長期滞在の場合はクレジットカードの保険が使えないこともありますし、海外就職者で加入する海外保険では私立病院の手当が出ない場合もあります。

一方で、現地の個人クリニックなどであれば、風邪の診察と薬代で2,000円〜3,000円弱ほどでおさまります。日本でも風邪を引いたら行きつけの先生のところに見に行きますよね。軽度の体調不良などであれば個人クリニックの利用で充分でしょう。

クアラルンプールで日本人がいる病院

マレーシア在住者や旅行客御用達で、かつ日本人スタッフもしくは日本語が話せる通訳がいるメイン病院は下記になります。

Prince Court Medical Centre(プリンスコートメディカルセンター)

・診療時間:9:00 – 17:00 / 週末 9:00 – 13:00

・住 所:39 Jalan Kia Peng, 50450 Kuala Lumpur

・電話番号:03-2160-0125(日本語)/ 03-2160-0999(緊急外来)

・ホームページ:http://www.princecourt.com/

 

HSC japan Clinic(HSCジャパンクリニック)

・診察時間:8:30 – 13:00(平日)/ 14:00 – 17:30 (土曜日)

・住所:5-1, Menara HSC, 187 Jalan Ampang, 50450 Kuala Lumpur

・電話番号:03-2712-0867(日本語)

 

まずはこの2つの病院を覚えておきましょう!

旅行の際でもクレジットカード付帯の海外保険が使えます(カード会社によって条件は異なります)し、クアラルンプールの中心部にあるのでアクセスも良いです。

海外就職で加入する海外保険

海外就職をする際、企業側が海外保険加入を負担してくれます。注意点としては「海外保険加入は任意」としている会社もあるので、加入意思があることを必ず会社に伝えましょう。

またマレーシアでは、事故や病気以外の診療費、例えば風邪などの場合は企業が負担するケースが通例で、風邪などの診察は海外保険の適用から外れる場合があります。あってはならないことですが事実、会社からの保険内容の説明というのは曖昧なケースも多いです。保険加入の契約書類にサインする前に、出来れば保険会社の担当者と会っておき、保険内容を擦り合わせておくと安心です。

海外では自分の身は自分で守ろう

体調不良や事故などはあまり想定はしたくないですが、海外で生活する以上私たちは外国人ですので、なかなか日本と同じようにはいかないと思います。また、体調不良などになると頼れる人がいないと精神的にも参ることもあります。万が一緊急搬送となった時、保険カードを見て搬送先が決まりますので、決して会社任せにせず、自分が加入している保険のグレードを把握し、常に保険カードは所有するようにしましょう。

また、「緊急連絡先」として信頼出来る現地の友人がいたり、自宅近くのクリニック情報を把握しておくとより安心ですね。

せっかくのマレーシア渡航ですが何事も身体が資本!自分の身は自分で守りつつ、マレーシア生活を満喫してほしいと思います。

SEE YOU SOON!

AOI