何事も第一印象が大切!?マレーシアが移住先として人気の理由とは?vol.151

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい)です。

「日本人が移住したい国NO.1」に例年選ばれていることでも有名な「マレーシア」!海外移住を検討する上で、「マレーシアに来た時の第一印象」って大事ですよね。

わたしはマレーシア留学を経て新卒マレーシア海外就職を経験し今に至りますが、数年過ごしてみて思うのは、初めて来た時の印象って意外と今でも感じていることが多いということ。そこで今回は、「マレーシアに初めて来た方からよく聞く!マレーシアの魅力」をお伝えしてみようと思います。

1.クアラルンプールは予想以上に都会!

みなさん口を揃えておっしゃるのが「クアラルンプールって予想以上に大都会ですね!」「東京都変わらないですね!」という声。中には少し不安を感じながら初めてマレーシアに来られる方もいらっしゃいますが、立ち並ぶ高層ビルや複数車線の大きな道路、渋滞、建設現場などを目にして、想像以上に発展した都市のように感じるようです。

マレーシアは車社会なので、なかなか日本のような綺麗な歩道までは完全に整備されていないのも事実。ですが、Grab(配車アプリ)を活用すれば移動も簡単ですし、料金もとっても安いんです!

日本人も受入れられる街の整然さがあるというのは、移住するにあたってとっても大切な安心ポイントだと思います。

2.マレーシアの美味しい料理&お腹を壊さない!

マレーシアにはもともとマレー系、中華系、インド系の人種がいるので、それぞれの料理を楽しむことが出来ます。加えて、アラブ圏や韓国などからもたくさんの人が移住しにきているので、世界各国の本格的な料理を気軽に食べられるのもマレーシアの魅力といえるでしょう。バーなども充実していますし、日本人向けのレストランやスナックなどもあります。

また東南アジアと聞くと屋台飯を楽しみたいところですが、お腹を壊さないか不安…という方も多くいらっしゃると思います。特に腹痛に関してはもともとの体質や、正直雑な言い方かもしれませんが「運」もあるでしょう。デパートやショッピングモールで食べたからといってお腹を壊さないとは限りません。ですが、「他の国ではお腹を壊してばかりで胃薬持ってきたけど、マレーシアは大丈夫だった!」なんて声もよく聞きます。

「相性」という部分も大きいでしょうが、1日3食いただくわけですから、旅行だけでなく長期滞在の場合にも、意外と大事になってくるポイントだと思います。

3.マレーシアは意外と近い!

日本からマレーシアに来る場合、飛行機の時間は6時間〜7時間!欧米圏と比較するとかなり近い国。そう、マレーシア含め東南アジアというのは、日本と意外と近いんです。例えば単身赴任になるご家族の場合、6〜7時間であれば家族が行き来する負担も軽減されますね!また、航空券もかなりお安くなっています。

さらに生活に大きく変わってくるのは時差ですが、日本とマレーシアとの時差は1時間のみ!マレーシアの方が1時間遅くなっています。これが近隣のベトナムやインドネシアだと2時間の時差が出てくるので、時差というのは普段家族や友人、お客さんと連絡を取る際にもプラスになると思います。

居心地が良い国「マレーシア」

以上3つのポイントは、マレーシアに住んでいても感じる魅力ポイント!第一印象というのはひとつの決め手だと思います。そしてマレーシアに来た人に「なんでマレーシアを選んだのか?」という質問をすると、「居心地が良い」と答える方も多いでしょう。

今回は首都クアラルンプールを取りあげましたが、ペナンはもう少しコンパクトな街ですし、ジョホールバルは自然豊かでクアラルンプール以上に都市開発が進む街となっています。

マレーシアが初めて!という方は是非一度、マレーシアの首都クアラルンプールの大都市を体感してみてください。

SEE YOU SOON!

AOI