インドネシアバンドンの名物!甘辛サンバルが魅力のイブ・イマスを食べよう!vol.150

こんにちは!

海外ライフプランナーの渡部 葵(わたなべ あおい)です。

インドネシアの軽井沢とも呼ばれるバンドン。実は美味しいごはんの宝庫なんです。日本でも、首都東京ではなかなかお目にかかれない地方の名物ってたくさんありますよね!それと同じように、インドネシアの第3の都市バンドンに行くと必ず食べるのが「ibu imas(イブ・イマス)」!おそらく首都ジャカルタにもありますが、バンドンの名物として有名な、バンドンでしか味わえない美味しさを持つ、バンドンならではのインドネシア料理になります!そこで今回はバンドン名物イブイマスをご紹介してみようと思います。

イブ・イマスとは?

「ibu imas(イブ・イマス)」の意味は「ibu:Mother」「imas:人の名前」だそうです。imasというお母さんが昔、この料理を提供し始めたことが由来なのだとか。

そしてイブ・イマスの1番の魅力は「サンバルソース」

インドネシア料理ではサンバルソースが欠かせません。「またか!」というくらいに出てくるサンバルですが、イブ・イマスのサンバルは少し甘みがあって、しっかり辛め!前回ご紹介したZONA MERAHの方が断然辛さは上ですが、イブ・イマスであれば日本人の方も美味しくいただける辛さだと思います。

お店によっても味が違うので、現地の人は同じイブ・イマスでもサンバルソースの好みによってお店を選ぶそうです。

イブ・イマスはどうやって食べるの?

お店に入ると空いてる席に座ります。席に着くと生野菜とチリソースなどを運んでくれるので、好きな食材とドリンクもいっしょにオーダー!何があるか分からないときは、お店の前に食材がいろいろと並んでいることが多いので、それをみるのが安心ですね!

イブ・イマスを食べるならこのタンドリーチキンは欠かせません!甘ダレソースが絶品です。

個人的には、野菜の天ぷらとテンペ(発酵させた大豆を揚げたもの)が美味しい!イブ・イマスを食べるならこれは必須なくらいです!是非試してください。

あとは好きな具材とサンバルソースを好きなように混ぜながら食べ進めていきます。

サンバルソースはかけすぎ注意!ですが、辛い料理が好きな方にはとってもオススメ!辛いものが苦手だな、という方は甘いウスターソースが置いてあるので、それをごはんにかけて食べると美味しいです。

イブ・イマスは「サンバルソースを楽しむためのごはんとおかず」というくらいですから、食べ終わった後は口の中がヒーヒーしてしまいます(笑)なので、食事中はアイスティー、食後にはマンゴージュースを頼んでおくのがオススメ!

TIPS!

インドネシアでアイスティーを頼むとお砂糖やミルクが入っているのが当たり前!お砂糖がいらないときはその旨を伝えなければなりません。

そんな時使えるインドネシア語が「teh tawar:テタワ」!これはお砂糖無しのアイスティーを意味します。インドネシアで英語が通じず、ドリンクのオーダーに困ったときは「テタワ」を注文すると便利です☆

お店の情報は?

今回訪れたのはこちらのイブイマスの有名店!

warung nasi ibu imas

・住所:Jl. Kautamaan Istri No.29, Balonggede, Regol, Kota Bandung, Jawa Barat 40251

・営業時間:毎日8:00 〜 19:00

・HP:https://www.instagram.com/warungnasi_ibuimas/

いつ行っても現地のひとでにぎわうお店です。

インドネシアバンドンに来たらイブイマスを是非お試しくださいね!

SEE YOU SOON!

AOI