人気のマレーシア海外就職!実際にはどんな仕事があるの?

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

「海外で働きたい!」

そんな夢を遂げる為の1つの方法として「海外就職」がありますが、「マレーシア」も海外就職先としてとっても人気の国!その人気の理由は、意外と近いこと、英語が共通語であること、ごはんが美味しいこと、全てにおいてちょうど良いことなど、様々な要因が挙げられます。

せっかく海外で働くのなら、英語を使って自分のスキルを身につけ、次のキャリアにつながるような仕事をしたいですよね。

海外就職する国として人気のマレーシアでは、どんな仕事に就くことが出来るのか、求人内容の実情などを見ていきたいと思います。

マレーシア海外就職の求人内容

カスタマーサポート

インターネットで「マレーシア 海外就職 求人」と検索すると、某ホテル予約サイトや航空会社、IT関連のカスタマーサポートなどの求人が多く出てきます。英語力がなくても海外で働ける就職先としても人気となっており、

「とにかくマレーシアに行きたい」「ゆったりまったりマレーシアスローライフを送りたい」

という方にとってはオススメだと思います。

以上のようなコールセンターは政府からの優遇措置を受けている背景もあり、新卒での求人も多くあるようです。新政権に変わって新卒での募集は取りやめた企業もあると耳にしますが、それでも他の求人よりは就職がしやすいと思います。

ただし、自分のキャリアを築きたいという方にとって、この職に就いて何が身に付くかという点はよく考える必要があると思います。「IT」と一言でいっても様々な分野があるでしょうし、どこまで専門性を高められる仕事が出来るのかは見極めが必要です。

また、せっかくマレーシアに来ても社内は日本語、勤務はオフィス内で、営業で外に出ることもないという場合、現地の人と交わる機会も少なくなります。そのため、「働きながら英語を身につける」というのは、ご自身が積極的に取り組まなければ難しい環境かもしれません。

営業・人事

次に多いのが営業と人事!

営業経験のある方でマレーシアでの海外就職が気になる方は引く手数多だと思いますので、一度応募してみるというのも良いかもしれません。業界はさまざまですが、IT関連のお仕事が多いようです。日系企業だとメーカーや工場勤務といった場合もあると聞きます。

また人事に関しては、マレーシアに現地法人を持つ企業で日本人の採用担当者を募集しているケース。

こちらは経験者はもちろん、未経験者も募集している場合があります。実際に現在募集している企業があるようなので、ご興味ある方はご相談ください。

秘書 / マネジメント

そして意外と多くあるのが「秘書」「マネージャー」職です。

これは例えばスタートアップ企業の社長秘書であったり、サロンのマネジメントオフィスの勤務だったり、業界はさまざまですが、日本とのやり取りや現地スタッフのとりまとめ、プロジェクト立ち上げなど、幅広い仕事を任される職になります。

わたし自身も、新卒ながらもこの役職で今回マレーシアで就職をしました。

注意点としては、給与が低く、仕事量や内容と割に合わないというケースもあるということ。成果報酬やボーナスが発生したりと、企業によってその手当はさまざまですので、入社前に条件を交渉しておくようにしましょう。

職務経験があれば選択肢の幅は広がる

「マレーシアの就労ビザを取得するためには、4年制大学既卒で職務経験3年が必要」というのがスタンダードとなっています。先ほどお伝えしたようにマレーシア政府からの優遇措置などを受けている企業は新卒でもビザを発行することが出来ますが、今ではそれすらも難しい可能性があるとのこと。そのため、新卒か職務経験があるかどうかでは選択の幅が大きく異なります。

物は試し!と思い、実際に人材会社に相談してみると、まず一言目には必ず「社会人経験3年はないとね〜」「日本に帰ってから考えてみたら?」という言葉ばかり…「では、社会人経験がある場合は?」と話を進めてみると、営業のお仕事が多いようです。「業界は選べるけど職種は営業」というケースが多いのかもしれません。

ということは、ですよ!たしかに新卒組にとっては少し不利かもしれませんが、

社会人経験があって、海外で働いてみたいけど今の会社ではチャンスがないな・・・

という方にとっては、マレーシア海外就職にチャレンジしてみる価値は大だと思います!

多種多様なマレーシア海外就職の求人

とはいえ、雑な言い方になりますが「運」でしかないという要素もあるかもしれません。これは日本での就職活動でも同じですよね。確かにマレーシア海外就職においてカスタマーサポートや営業職の求人が多いのは事実ですが、実際にはその他にも、マレーシアの日系スタートアップ企業や留学・不動産エージェント、日系美容院などでも日本人を現地採用していることがあります。ローカル企業や外資系企業でも募集はあると思いますが、あえて日本人を採用する理由もないので枠は少ないというのが現実かもしれません。

マレーシアでの海外就職が気になる方は、まずはエージェントに相談すること!そして一度、マレーシアへ足を運び、ここで生活をしていけるかどうかを考えてみてはいかがでしょうか。

>>『スカイスキャナー』でマレーシア行き格安航空券を検索

>> Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでマレーシアのホテルを探してみる

 

いろいろと懸念点はありますが、それだけで海外で働く道を閉ざしてしまう必要はないと思います。少なからず方法・可能性はあるので、「海外就職は実現したいけど、いざ就職活動してみたら不安が途絶えない…」という方は是非一度、海外でのキャリアを専門にしている人材会社やキャリアコンサルタントの方に相談してみましょう!

SEE YOU SOON!

AOI