こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアやインドネシアの国技といえばバドミントン!日本ではバドミントンよりもテニスの方が人気が高いようですが、桃田選手の活躍や、コアなスポーツなだけに熱狂的なファンも多いと聞きます。

そして国技というだけあって、毎週末必ずといっていいほど、街のどこかしらで開催されているマレーシアのバドミントン大会!

先日はマレーシアのLCC航空会社でお馴染みのエアアジアが主催したバドミントン大会が開かれました。毎年開かれる恒例イベントだけあって会場の熱気もすごかったので、今回はそのときの様子をお届けしてみようと思います。

エアアジアのバドミントン大会

エアアジア一色のバドミントン大会会場

昨年と同様、バドミントンホールの中はすごい熱気!意外にもエアアジアの広告が少ない印象を受けましたが、それでも会場内のムードは赤色!DAIKINのバドミントン大会の時は水色で会場内が統一されていたので、やはりバドミントン大会を利用したブランドの宣伝、いわば広告としての力はすごいなと思います。

ちなみにバドミントン大会の主催ですが、初期費用や賞金の準備、スポンサー集めなど根回しが必要になってきますが、出場者が一定数集まれば収益になります。広告費を単にかけるだけでなく、回収し利益も出すことが出来る広告活動。マレーシアで認知度を上げたい、広告費が余っている…!そんな日系企業の方がいらっしゃいましたら是非ご連絡ください。

各国からバドミントン選手が集まるマレーシア

今回のバドミントン大会は、東南アジアで知らない人はいないほどの航空会社エアアジアが主催しているだけあって、タイやシンガポール、そして中国からも多くのバドミントン選手がマレーシアに集まりました

マレーシアではバドミントンが国技というだけあって、他国からマレーシアへバドミントントレーニングや大会出場に来るのは当たり前!その逆も然りで、マレーシアから中国などへ強化トレーニングに出向くことも多くあります。

日々こうして頑張っている世界の選手たちを見学している身ではありますが、日本からの選手も是非もっと増えてほしいと思います。

マレーシアでバドミントン大会に出場しよう!

どの大会でも外国人が出場出来る訳ではありませんが、チャンスは多くあります。

「海外の選手と戦ってみたい!」

「本場マレーシアの選手のプレーを見てみたい!」

そんな方は是非マレーシアでバドミントン大会出場にチャレンジしてみてください!日程としては1週間ほどマレーシア現地でトレーニング後、帰国前の週末にバドミントン大会出場、というスケジュールがオススメ!

大会に出場するとTシャツが無料でもらえたり、チャンピオンはバドミントンラケットやバッグ、賞金などももらえます。

日本からのチャレンジ、お待ちしています!

SEE YOU SOON!


AOI

ayuchannn
ayuchannnland@gmail.com