こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアで大人気のバドミントン!4歳ぐらいから始めている子も非常に多く、ラケットの方が大きいのでは…!?と思ってしまう程まだ小さい頃からバドミントンを習うのも珍しくありません。大人になれば趣味としてバドミントンをすることで、友人や仕事のネットワークも広まりますし、バドミントンというのはマレーシア人にとって非常に身近な存在となっています。

その人気っぷりは日頃から感じられるのですが、特に毎週末、どこかしらでバドミントン大会が開催されています。今回はその大会の様子もお伝えしてみようと思います。

マレーシアのバドミントンアカデミーとは?

日本ではまだまだマイナーなバドミントン。特に部活動・クラブ活動が盛んな日本では、野球やサッカーのように習い事ではなく学校の部活動のみでバドミントンをされている方も多いと思います。ですがマレーシアでは「バドミントンアカデミー」に所属し、トレーニングを受けながら上を目指すのがスタンダード。いわばクラブチームといえるでしょう。

趣味程度であれば学校のクラブやグループレッスン、もし上を目指すのであればクラブチームでパーソナルトレーニングを受けます。大会に出るようになるとコーチが選手をスカウトすることもあれば、選手たちが自分で、良い!と思ったコーチを見つけ、トレーニングをお願いすることもあるようです。

クアラルンプールはじめマレーシアにはマレーシアには無数のバドミントンクラブが存在しますが、その分実力や評判などが大きく分かれます。

マレーシアのバドミントンアカデミーに関して、日本語での情報量というのは非常に限られていますし、実際にアカデミーに所属してみても何がどう良いのか、どうやって他の良いアカデミー・コーチを探せば良いのか、外国人の私たちにとっては非常に難しいもの。現段階のレベルに関わらず、「とにかくバドミントンがうまくなりたい!」という方は是非、私もコーチングを受けている「バドミントン界のレジェンド」と呼ばれている伝説のインドネシア元選手やマレーシアの元ナショナルプレイヤーがアドバイザーを勤めるアカデミーを利用してほしいと思います。

子供も大人も全力なマレーシアバドミントン大会!

マレーシアで開催されるバドミントン大会は子供向けを中心に、大人向けの大会も多く開かれています。

個々の戦いになりますが、子どもの場合は先にお伝えしたバドミントンアカデミーのTシャツを着て試合に出ます。バドミントン大会というのはコーチ・選手のスカウトの場として、そして広告としても非常に大切な役割となるからです。

大会にもよりますが、Under 8/10/12/15/18のように年齢が分かれており、それぞれ男女に分かれて試合をします。賞金が設けられているのですが、1位になるとRM300〜RM500ほどの賞金とメダルに加えて、豪華賞品も!例えば有名ブランドのラケットやバドミントンバッグをもらえることがあります。

大人のバドミントン大会になると賞金がRM800〜RM1,500に上がるので、大人の方が熱量がスゴイことも!

ちなみにマレーシアのバドミントン大会では、参加者全員にTシャツが配られます。参加費はシングルで子供RM40〜RM60、大人RM80〜RM100、ダブルスだとその倍くらいになるようです。

>> Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでマレーシアのホテルを探してみる

>>『スカイスキャナー』でマレーシア行き格安航空券を検索

マレーシアバドミントン大会に日本人も参加出来る?

このように毎週数多く開催されているマレーシアのバドミントン大会ですが、日本からの参加も可能なトーナメントもあるようです!よく親しい友人たちに連れられてバドミントン大会の見学に行きますが、シンガポールやタイから参加する選手はよく見かけます。主催者側と相談さえすることが出来れば、日本人も参加出来るようなので、参加可能なトーナメントの情報が入ってきたら、またご紹介してみようと思います!

バドミントン大国マレーシアで海外の選手とトレーニングをしてみたい方、海外の選手と戦ってみたい方は是非、マレーシアに来てみてはいかがでしょうか?

SEE YOU SOON!



AOI

ayuchannn
ayuchannnland@gmail.com