こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

先日、シンガポールへ2泊3日の弾丸旅行へ行ってきたのですが、「シンガポールグランドハイアット」というホテルに宿泊しました。「グランドハイアット」は日本でも有名なインターナショナルホテルですが、シンガポールのグランドハイアットもとても素敵なところでしたので、今回はシンガポールグランドハイアットの客室の様子をお伝えしてみようと思います。

シンガポールグランドハイアット

日本らしさを感じる内装デザイン

今回宿泊したお部屋は、グランドハイアットシンガポールの新館スイートルームでした。こちらの新館は、日本人のデザイナーさんが監修をして下建築デザインだそうです。そのためエレベーター前には滝があったり、ホテルや客室内の至る所が少し日本ぽさを感じられるモダンなデザインになっています。

お部屋に入ると玄関はとても広く荷物を置くこともできるのでとても広々とした作りになっているのが分かります。シンガポールのお土産としても有名なTWGが揃った素敵なティーセットやコーヒーメーカーなどはとても嬉しかったです。

リビングルーム

テレビはグランドハイアットおなじみNHKが流れていました。そのため、滞在中はずっとNHKを流していたので、まるで日本にいるような気分になります。久々の日本語になんだかほっとします。

広々としたバスルーム

バスルームはシャワースペース、お手洗い、洗面台、バスタブがあります。相変わらず広い作りになっています。マレーシアのお家では湯船があるお部屋が少なく、私の自宅よりもシャワーのみとなっています。そのため、この広々としたバスターズは滞在中何度も入浴を楽しみました。グランドハイアットのホテルにいつも置いてあるバスソルトもあるので、体がとても温まります。

嬉しいのはシャワースペースとバスタブが別々になっている点です。シャワーの水圧や温度もバッチリですし、バスタブの大きさもゆったりとできます。

アメニティ

アメニティーはシャンプーやコンディショナー、ボディーソープのほかにも歯磨きセットやシャワーキャップ、ヘアゴム、バスソルトなどが揃えてあります。

ゆったりとしたベッドルーム

ベットルームは、エキストラキングサイズのベッドがあります。マットレスの硬さもちょうど良く、クローゼットスペースには予備の枕もあるので、合わない時や数が足りないと言う時はコンシェルジュに相談してみるのもいいと思います。

お化粧台もベッドルームにあります。ドライヤーが化粧台の棚の中に隠れていたので、見つけるのに一苦労しましたが、収納スペースが充実していて無駄のない作りとなっているのもグランドハイアットらしいかつ、日本人らしいお部屋のデザインになっていると思います。

シンガポールグランドハイアットの1泊料金

気になる料金ですが、シンガポールグランドハイアットの宿泊費は1泊約27,000円〜となっています。

日本のホテルと異なり、一人当たりの料金ではなく1部屋あたりの料金となっている点はうれしいですね!世界各国にホテルを持つハイアットグループですが、クアラルンプールやベトナムのホテルよりもシンガポールの客室の方が相場が若干お安くなっています。

>> Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでマレーシアのホテルを探してみる

>>『スカイスキャナー』でマレーシア行き格安航空券を検索 

 

シンガポールのホテル選びはグランドハイアットで決まり!

日本人も多く住み、海外旅行先としても人気のシンガポール。

チャイナタウンにはホステルもありますし、オーチャード付近にはマンダリンホテルなどもあります。今回宿泊したグランドハイアットシンガポールは、シンガポール旅行では必ず行くであろうのショッピングエリア「オーチャード」などへのアクセスも抜群で、どこへ行くにしてもとっても便利なロケーションです。

シンガポールグランドハイアットの基本情報

・住所:10 Scotts Rd, シンガポール 228211

・HP:https://www.hyatt.com/en-US/hotel/singapore/grand-hyatt-singapore/sinrs?src=corp_lclb_gmb_seo_aspac_sinrs

数が多くてホテル選びはどの海外旅行でも頭を悩ませがちですが、シンガポールでホテル選びに困ったらグランドハイアットシンガポールに宿泊してみてはいかがでしょうか?

SEE YOU SOON!

AOI

ayuchannn
ayuchannnland@gmail.com