想像以上に手厚い!インドネシア海外就職の給与手当の内容

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

インドネシアが「世界有数の親日国」であるのはご存知でしょうか?

日本ではまだあまり馴染みがない国だと思いますが、ジャカルタやバリという都市であれば聞いたことがある方も多いと思います。そしてインドネシアでも最近人気の海外就職の求人が実は多く出ており、調べているうちにその給与手当の内容も結構充実したものとなっていることが分かりました。

ということで今回は、インドネシア海外就職の給与手当の相場について、マレーシアでの経験も交えながらご紹介しようと思います。

インドネシア海外就職の給与手当

インドネシア海外就職の基本給

インドネシア海外就職では「営業」「事務」「ホテル」などが様々な求人が出ています。何れの求人もインドネシアにおける日本人のし最低賃金を越えるように設定されていますので、日本円で換算すると基本給16万円スタートのケースが多いです。中には22万円〜の求人も出ており、物価を安く抑えて生活出来るインドネシアでは充分な給与手当です。

また、営業職ではインセンティブによる給与額の幅が見られているところもあるので、ご自身の結果次第による場合もあるといえるでしょう。

特に社会人経験が長い方などは、会社側と給与交渉の余地が出来るので、エージェントをうまく活用しながら給与の相談などは臆せず進めていきましょう!

就労ビザ発行はマスト!

インドネシアに限らず海外就職において、「就労ビザの発行」は会社の義務となっています。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、就労ビザが発行されていない状態で働いている日本人が多くいるのは事実です。

たまに3ヶ月や6ヶ月間の求人を見かけますが、それらは「就労ビザを発行しないことを前提に採用している」状態になるので、最悪の場合、強制送還される可能性もあります。

マレーシアでは1度の入国で最長3ヶ月間、年間を通して6ヶ月間もの間滞在することが出来ますが、インドネシアはマレーシアよりも出入国の判断が審査官個人の意向に委ねられる傾向にあるので、就労ビザを発行しないでインドネシアで働こうとするのは非常に危険といえます。

最低限の安全を守り、快適な環境で働くためにも就労ビザの発行をしてくれる会社、欲を言えば過去に就労ビザを自分と同じ役職の社員に発行した経験がある会社を選んでいきましょう。

海外保険の加入

インドネシアで海外就職をされる場合、海外保険には加入しておきましょう。

海外旅行であればクレジットカード付帯のものでも充分かもしれませんが、インドネシアで生活をするとなると、日本出国後から3ヶ月を過ぎるとクレジットカードの海外保険は適用されなかったり、海外居住者はそもそも適用外とされる可能性があります。企業側から「クレジットカード付帯のものがあるから海外保険の加入は任意」と言われた場合は要注意。海外保険の負担をあまり好んでおらず、海外保険の手配をしてくれたとしても一番安いものとなり、風邪などの診察料などは含まれていない可能性があります。

また、親族に万が一の事態があって緊急一時帰国が必要になった時の手当が出る海外保険のメニューなどもあります。「会社側が先に小切手を発行したり支払を済ませて後はご自身のサインをするだけ」という状態だと海外保険の内容を確認出来ないままになってしまうことも…

海外生活で自分の身を守れるのは自分だけですので、自分が加入している保険の内容等はしっかりと確認しておきましょう。

インドネシア海外就職のその他手当

インドネシアで海外就職をされた場合、駐在員でなくても車と運転手が手配されることがあります。というのも、インドネシアの交通量は尋常ではないくらい多く、特に海外就職先として多いジャカルタは毎日常に渋滞しているくらいです。そのため、交通事情の安全性から車と運転手が手配されるケースも少なくありません。

マレーシアでは基本的に車が支給されるか、交通費支給になるので、この点はインドネシアとマレーシア海外就職の違いといえるでしょう。

また、住宅手当はまず給与に含まれるかどうかを確認しましょう。インドネシアで日本人が住むコンドミニアムは最低3万円〜になるようです。毎月の固定費となりますので、ご自身の収入とその他支出、所得税とのバランスなども考えて検討していきましょう。

インドネシア海外就職の給与手当は充実!

インドネシアは日本であまり親しみがない国のためか、2億人を越える人口を持つ大国であるにも関わらず、日本人在住者は2万人弱しかいないようです。インターネットでインドネシア海外就職を調べてみても、マレーシアと比べると現地情報もまだまだ少ない印象。

実例がないと少し不安になりがちですが、マレーシア新卒海外就職を経験した私からするとインドネシア海外就職は給与手当が予想以上に充実したものだと思います。

インドネシアはマレーシア以上に「東南アジア感」が味わえる街だと思うので、是非一度足を運んでみてください。

>> Expediaでインドネシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでインドネシアのホテルを探してみる

情報が少ない分、人材紹介会社をうまく活用しながら情報収集をして、実現に向けて迅速に動くことがインドネシア海外就職実現の近道!「海外就職」という選択肢によって、みなさんが道を拓くことを応援しています!

SEE YOU SOON!
AOI