こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアの海外就職では「カスタマーサポート」の求人をよく見かけます。実際の業務は日本語で行われ、職場スタッフも日本人なので、「英語が話せなくても海外生活をスタートさせることが出来る」のが人気ポイントとなり、多くの方がマレーシアのカスタマーサポートセンターで働いています。しかしながら、勢いでマレーシア海外就職に挑戦してみたはいいものの、その後のキャリアパスが見えない…なんていう声もよく聞きます。

そこで今回は、カスタマーサポートで就職した場合のキャリアパスについて考えてみたいと思います。

マレーシアのカスタマーサポートについて

マレーシアカスタマーサポートのお仕事とは?

マレーシア海外就職で求人が出ているカスタマーサポートのお仕事は主に、某ホテル予約サイト、IT関連、保険会社などが多いようです。カスタマーサポートではなくコールセンターの場合もあります。主に海外にいる日本人のリクエスト対応であったり、海外に拠点を持つ法人対応となっているようですが、その内容は実に様々!

また、同じ職場でもずっとオフィス勤務になる方もいれば、カスタマーサポートとはいえ営業のような形で各社へ訪問したり、もしくは採用担当の場合もあります。

英語が話せなくても働けるところは多いので、「マレーシアでのキラキラ生活」や「夢の海外生活」を簡単に実現することが出来る方法としては魅力的ですね!

3年働けば管理職のチャンスもある

カスタマーサポートやコールセンターのお仕事と聞くと、アルバイトやパート感覚が先行してしまい、いくら正社員雇用とはいえ仕事の力量を試したい方にとってキャリアパスが見えにくいものだと思いますが、3年働けば管理職のチャンスもあるようです。

マレーシアに拠点を持つカスタマーサポートの法人は日系企業の場合、「コスト削減」を主目的にしていると聞きます。外資の場合は日系企業とオフショアに対する考えが異なる傾向が強く、コスト削減だけでなく、魅力的な市場としてマレーシアやインド等を見ている場合が多いので、「コスト削減が出来る仕事」だけでなく「市場を高めるための仕事」も出来る可能性があります。

この違いというのは、仕事の範囲に大きく影響してきます。

これだけ日本人採用が出ているにもかかわらず、日本からの駐在員が無くならない理由はなんでしょう?それは現地採用と駐在員とでは、役割が分かれているからです。「マネジメント」というと聞こえは良いですが、本社とやり取りをして現地法人のいく末を考える駐在員と社内スタッフをまとめる現地採用。どちらが良い・悪いという話ではなく、それぞれの役割が異なるということです。

また、チームが日本人現地採用なのかローカルスタッフなのかで、ご自身の経験内容は大きく変わります。

そのため、面接で「マレーシアに拠点を持つ理由」を企業に聞いてみると、「マレーシア支社が持つ意思決定の範疇」が分かるので、ご自身の社内におけるキャリアパスも見えてくると思います。

マレーシア海外就職の英語事情

マレーシア海外就職で英語を使う頻度はどのくらい?

英語を使う頻度は会社によると思います。

私の場合、お客さんは日本人なので日本語でメールを打つことが多かったですが、パートナーはローカルなので日々の業務は全て英語です。そのため、1日の9割は英語。メールやブログで日本語を打つこと以外、日本語を話すことがないという日も!

一方で、カスタマーサポートやコールセンターであれば職場のほとんどが日本人という部署もあるようです。そのため、マレーシアにいても社内環境は日本語となるケースも多くなります。マレーシアに来たからといって英語が話せるわけではないので、職場に英語環境が少ないのであれば、どうやって英語を話す機会を作れるのかなど、自分から出かけていく必要があります。

英語力不問の求人もたくさんあるマレーシア

メディアなどでも紹介されているように、マレーシア海外就職では「英語力不問の求人」もたくさんあります。経験も特に不問という場合、正直「ビザさえ下りればマレーシアで働ける」チャンスがあります。

しかし、英語力も経験も問わないとなると、会社はあなたに何を求めているのでしょうか?

それは「日本語が話せること」「日本人であること」を求めています。人格などが圧倒的に悪いことがなければ、採用される場合がほとんどです。極端に言えば、この時点で日本語が話せること以外、ご自身の能力がないということになります。

でもそれで良いんです。大学卒業したばかりの私たちの能力など、知れています。だからこそ、マレーシアで何を身につけていくのか、どんな人生を送りたいのかをいま一度考えていきましょう。

可能性広がるマレーシア海外就職

今回は少しネガティブにも聞こえるお話もしましたが、マレーシア海外就職を活用することで色々な道が拓ける可能性もあると考えています。マレーシア渡航当初は英語もスキルも何もなくても、現地ネットワークを築いて独立を目指すことも出来ますし、日本に帰国する際の転職に強みとなる経験も積むことが出来ます。どんなチャンスも自分次第です。

また、親子留学を目的に来られる方などにとっては、残業もなく生活費を賄えるだけの収入を得られるので、とてもピッタリなお仕事だと思いますし、ブロガーさんなどにとっては基本給が最低限入ってくるので、お金に関してはストレスフリーな形でブログの執筆活動をすることも出来ると思います。

「マレーシアで働いてみたい!」という方は一度マレーシアに足を運び、ここで生活が出来そうかどうか、まだ可能であれば企業訪問や海外就職の経験者と話してみたり、現地にいるエージェントとのアポイントを取ると良いでしょう。

>> Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる
>> agodaでマレーシアのホテルを探してみる

ご自身が求める生活スタイルに合う海外就職先を選択していくことが大切なので、「カスタマーサポート」という実現性の高い仕事を選ぶことで是非、マレーシアでご自身の可能性も高めていってほしいと思います!

SEE YOU SOON!

AOI

ayuchannn
ayuchannnland@gmail.com