こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

新年、明けましておめでとうございます。

2019年、さてどんな年にしていこうか。

とぼんやり考えていたのですが、今年は結果の年だなと感じています。

2018年は、日本人に助けられ、日本人に裏切られる。そんな年でした。寂しいことを言うようですが、海外では自分の身は自分で守るしか無いということを痛感した年でもあります。

そんななか、自分の身を固めていくためにも、仕事で結果を出す年にしたいと考えています。

最近は、「海外キャリア@マレーシアのセカンドオピニオン」のような窓口としてご相談をいただくことも多く、これまでもマレーシア新卒海外就職のメリットなどをお届けしてきましたが、今回はもうすこしフラットに、個人的な主張を書いてみようと思います。

マレーシアに来て良かったこと

1)マレーシアにいることで自分の情報・経験の希少性が高まる

例えばこのブログもそうですが、「わたしがマレーシアにいること」で見てくれる方々がいらっしゃり、希少性の高い情報発信が出来るようになります。さらに情報発信を続けるといろんなご相談や依頼をいただくようになり、新しいお仕事にも繋がっていきます。

そのため、「マレーシアにいる」という立地的優位を活かさない手はないのかなと感じます。

ただし、「マレーシアにいること」によって自分の情報や経験の希少価値が高くなったからこそ、「マレーシアにいること」を取っ払ったときの自分の価値というのも高めていかなければなりません。どんなに良い環境にいても、現状維持のままでは何も変わらない。

これは転職のためとか、そういうことではなく、私自身が「好きな場所で好きな仕事をして生きていきたい」と考えているので、そのためには自分自身が価値の提供をしていかなければなりません。

2)どこに行っても友達&仕事仲間が出来る

私は毎月、マレーシア国内外をいろいろと旅行するのが趣味なのですが、行く先々でお友だちはもちろん、お話の中で仕事がいっしょに出来そうであれば一緒にするということも多くあります。

例えば、私がよくお洋服を購入している現地のショップと提携して日本での販売を試みたり、たまたま入って気に入ったカフェと一緒にイベントを開催したり、バドミントントレーニングを受けているコーチと一緒に日本でのバドミントン特別レッスンを企画したり!

ちょっとした思いつきや「好き」という感覚で、どんどん色んな仕事が出来ていくというのはとても嬉しいです。

3)仕事を創る習慣が身に付いた

上記のような背景もあってか、

「仕事を創り出す」

という習慣が身に付きました。

与えられた仕事を全うすることも大切なことだと思いますが、

「どうすれば仕事を生み出すことが出来るか」

「どのように実現に向けて動けばよいのか」

をマレーシアという異国で、トライ&エラーを繰り返しながらも、挑戦出来るというのは、私にとってとても嬉しい環境です。

新しいことに挑戦出来る環境があるマレーシア

マレーシアでは個人事業主をしていたり、会社勤めをしながら副業をしているという人、いろんなお仕事を兼業しているという人も少なくありません。そのため、話を持ちかけると相手の判断で即座にGOサインが出ることもしばしば。話が早いので行動に移るのも早まりますし、自分で何かをやりたいという方にとっては絶好の場だと思います。

 

「好きな場所で生きていきたい」

「マレーシアが好き」

「雇用を生むためには仕事(ビジネス)を作っていく必要がある」

 

わたし自身の色んな想いが詰まって、今の私があるのだと思いますし、上記に挙げたような利点も生まれてくるのだと思います。

マレーシアでの海外就職や移住生活というのは意外とハードルが高くなく実現出来てしまいます。海外で挑戦してみたい!という方は是非一度、マレーシアに足を運んでみてはいかがでしょうか?

>> Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでマレーシアのホテルを探してみる

下見で数日過ごしてみるだけでも実感が湧いてくると思います。マレーシアでお待ちしています!

SEE YOU SOON!

AOI

ayuchannn
ayuchannnland@gmail.com