こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

東南アジアの食事というと、1食100円くらいで食べられるイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、実際に生活するとなるといくらくらい、食費がかかるのでしょうか?

ローカルフードも美味しいですが、たまには日本食を食べに行ったり、自炊をしたいという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、ローカルフードや日本食、カフェなど様々な食事を取り上げながら、カテゴリーごとの食費を解説していきます。

マレーシア生活の食費の目安

圧倒的に安いマレーシアのローカルフード

東南アジアと聞くとローカルフードが気になりますよね!マレーシアのローカルフードといえばナシレマやチキンライス、バクテー(肉骨茶)などの定番料理が挙げられます。

ナシレマはなんとRM1(26円程)で購入出来るところもあるというから驚き…!たった30円で1食分が購入出来ます。

チキンライスはRM6(160円程度)で1食分、チャーシューやシューヨク、野菜、ドリンクを付けても一人RM12(320円程度)でお腹いっぱい食べることが出来るんです。

少々お高めの日本食レストラン

いくらローカルフードが安いからといって毎日食べ続けていたら、太ってしまいそう…それにたまには日本食も食べたいと思いますよね!

マレーシアでは日本食レストランも充実しているので、困ることはほとんどないと思います。ジョホールバルやペナンではこれからという部分もあるかもしれませんが、首都クアラルンプールには非常に多くの日本食レストランが日本から出店していたり、中国やローカルオーナーが日本食レストランを経営していることもあります。

マレーシアで食べる日本食は、ローカルフードよりも高いことがほとんどです。

例えば、このブログでも人気の釜めし屋さんでは釜めしセットでRM100(2,700円程)になりますし、定食セットでもRM30(800円程)になります。

この値段でこれだけのごはんが食べられる!と思うと安いですが、ローカルフードの100円200円に慣れてくると、高く感じ始めます(笑)

日本食レストランは日本と変わらないか少し高いといえるでしょう。

日本と変わらないマレーシアのカフェ

マレーシアにはお洒落カフェがいっぱいあるのですが、カフェは日本と同じ値段だと思います。

日本でお馴染みのスターバックスはマレーシアにもたくさんあります。為替の影響で円換算するとマレーシアの方が安いこともありますが、料金は日本とさほど変わりません。アイスラテのグランデサイズでRM14ほどだったと思いますので、日本円にすると400円ほど!日本よりも少し安いくらいでしょうか。

私が行きつけのカフェでは、アイスラテがRM11で350円ほど。さっきのチキンライス2食分と考えると高く感じてしまいそうです。

マレーシアの高級レストラン

マレーシアには本格的なフレンチやお寿司屋さんがあります。例えばお寿司屋さんでは、おまかせコースでRM700(2万円ほど)スタートになります。日本のお寿司屋さんでは3万円スタートのお店もありますが、ほぼ同じくらいとなっています。

ローカルフードと比較して圧倒的に高級となりますので、現地でも富裕層が多く足を運びます。もしくは、シンガポールや中国本土からのお客さんが多いようです。

ちょこっと裏話!

シンガポールとマレーシアのお寿司屋さんの価格を見ると、数字だけ比べれば同じくらいの表記なことが多いです。

どういうことかというと、シンガポールでもマレーシアでも、メニューには「700」と書いてあるんですね。しかしシンガポールドルでSGD700は約6万円、マレーシアでは2万円となります。こんなところからも、物価の違いが見て取れます。

マレーシアのスーパーで日本食は買える?

マレーシアのスーパーでは、日本食が充実しているところも多くあります。「SHOJIKIYA」というお店では、日本食を専門に取り扱っており、カレールーやふりかけ、お菓子やドレッシングなど、実に様々なものが販売されています。

その他、伊勢丹やイオンなどがありますし、クアラルンプールであれば日本人が多く住むモントキアラに行けば日本食品が充実しています。

ただ、輸入している分、割高なのは事実。日本の1.2倍〜1.5倍くらいの値段で販売されています。それでも自炊したかったり、ホームパーティーを開きたいという時には重宝していますので、便利です。

1ヶ月のマレーシア生活の食費

私自身の食費ですが、恐らく1ヶ月でRM2,500(7万円弱くらい)は使っていると思います。お酒などは飲んでいないのですが、みんなでご飯を食べに行ったり、ドリアン食べたり(笑)、ご馳走したりすることが多いので、同世代の単身で来ている方よりも使っていると言われます。

中には月RM1,000程度で済ませている方もいるので、生活スタイルによってかなり変わってくるといえるでしょう。

安いからとローカルフードを食べ続けていたり、外食が多くなると思います。マレーシアの食生活は野菜不足になりがちなので、健康のためにも食事には気を遣ってほしいです。

そんな時、手軽に野菜を美味しく楽しめるオススメのお店としてMama Kim Sauna Mee(ママキムサウナミー)があります。私自身もほぼ毎週利用しているので、気になる方は是非足を運んでみてくださいね。

お得に美味しくマレーシア生活を楽しもう!

マレーシアの食事はメディアでも取り上げられているように、安いお店がたくさんあります。しかし生活をしてみると、日本食がやっぱり恋しくなったり、週末には美味しいものが食べたかったり、付き合いでの飲み会があったりと、意外と食費がかかったりするもの。

ローカルフードと日本食、高級レストランなどうまく組み合わせながら、是非お得に美味しくマレーシアでの食生活を楽しんでほしいと思います。

SEE YOU SOON!
AOI

>> Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

>> agodaでマレーシアのホテルを探してみる

ayuchannn
ayuchannnland@gmail.com