大人気ボンビーガールのマレーシア海外移住特集!リアルなお給料・生活費事情をお届け!

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

人気バラエティ番組ボンビーガールやその他番組でもよく取り上げられるようになった海外移住特集!実は過去に私も出演しています。

これら海外移住特集を見ておそらくみなさんがいちばん気になるトコロだと思います。そおで今回は、マレーシアの「現地の物価事情」と「海外就職のお給料事情」を取り上げてみようと思います。

マレーシアの物価1/3は本当?

マレーシアの物価は確かに日本よりも安い部分があると思いますが、見方によっては安易に「日本の生活費の3分の1」とはいえないと思いますし、その生活費は人それぞれ。

出費の多くを占めるであろう家賃と食費を見ていきましょう!

マレーシアの家賃

マレーシア生活と聞いてまず思い浮かべるであるのがコンドミニアム!「ジムとプール付きのコンドミニアムにこんなに安く住める!」というのが魅力の1つといえるでしょう。確かに家賃7万円でこんなに素敵な高層マンションに住めると考えると安く感じますね。

そしてマレーシア生活を求めて来られる多くの方が首都クアラルンプールにお勤めになるかと思いますが、クアラルンプールと一言でいっても「ツインタワー付近の中心部」「日本人駐在員が多く住むモントキアラエリア」「IT系が集まるサイバージャヤ」によっても家賃相場は大きく変わります。

では実際にどのくらいでどんなお部屋に住むことができるのかはコチラ!

クアラルンプールの中心部だと色々な選択肢を持つなら最低MYR2,500(約68,000円)は必要といえます。

マレーシアの食費

そして食費に関してはローカルフードだけでなく、カフェや日本食など、様々な分野で見ていく必要があるでしょう。こちらは私の生活をもとに記載した現地の食費についてなので是非ご覧になってみてください。

マレーシア海外就職のお給料は?

マレーシア海外就職のお給料ですが、テレビなどで紹介されているものだと日本円にして約15万円〜20万円程度のケースが多いようです。

ボンビーガールで取りあげられるガールさんたちは私も含め若い世代の方が多いので、このくらいのお給料が多いからというのもあると思いますが、実際には30代・40代の方であればご自身のご経験や能力、ご希望によって年収は大きく上がるケースも多いので、求人情報は詳しくチェックしていきましょう。

注意点としては家賃手当は額面給与に含まれるのか・含まれないのかであったり、所得税の取り決めによって手取りは大きく変わってきます。

最低限の条件とされる給与体制と海外保険に関してはコチラ!

マレーシア海外就職のお仕事

実際にどんなお仕事があるのか?というところが気になると思いますが、マレーシアの場合、いちばん求人が多いのはカスタマーサポートやコールセンター系になると思います。というのも、これらの業種は政府からの優遇措置を受けているため、他の業種と比べてビザが下りやすいケースが多いためです。

その他、営業職や現地を拠点にする日系人材会社、外資系企業の求人等、内容はさまざま!マレーシアという場をご自身のキャリアアップにぜひつなげてほしいと思います。

ボンビーガール海外移住の注意点

こうしてみると、確かに「マレーシアの物価は安い」んです。しかし、だからといって「お給料も日本の3分の1で良い」ということにはなりません。いくら支出が少なくても(物価が安くても)、収入も少なくてはカツカツな生活です。これがマレーシア海外就職の落とし穴といえるでしょう。

ポイントは支出と収入のバランス。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、検討されている方の多くは「マレーシアの物価は安い」にとらわれすぎる傾向にあるように感じます。番組で紹介されている通り、実際マレーシアは色々と安く手に入るのですが、このブログを通して是非、「マレーシア生活の収支の現実」をご自身なりに見てほしいと思います(笑)

マレーシアに来てみよう

マレーシアに来てから最初の半年間は所得税で26%〜28%ほどの支払が必要であること。

お家の契約には初期費用としてデポジット等の支払で家賃が仮に5万円だとしても20万円ほどの支出があること。

果たしてどのくらいの方が調べているでしょうか?

番組をキッカケにマレーシア海外移住をすることはとても素敵なことだと思います。それに結局のところ何事もやるかやらないかだけなので、キッカケはなんでも良いと思います。たまたまそれが番組だったというだけで、それも何かの縁!

しかし、そこで生活していくことができるかどうかはしっかり見極める必要があるということだけ、お伝えさせてください。そのためにもまずはマレーシアに一度足を運んでみて、マレーシアのコンドミニアムや生活環境などを見てみるのも良いと思います。

Expediaでマレーシア行きの航空券&ホテルを検索してみる

『スカイスキャナー』でマレーシア行き格安航空券を検索

 agodaでマレーシアのホテルを探してみる

マレーシア海外移住を実現するには

ここまで「海外移住」と言ってきましたが、マレーシア海外就職は移住というわけではないと思います。あくまでもその土地で働くというだけなので、そこまでハードルを上げなくても良いのではと個人的には思います。

ボンビーガールでは海外就職をされたガールさんたちを取りあげていますが、マレーシア生活を実現するには法人設立やMM2Hというロングステイビザなどさまざまな方法があります。

どこに相談したら良いのかわからない!という方は是非コチラからご相談ください。マレーシアでお待ちしています!

SEE YOU SOON !

AOI