わたしがマレーシア海外就職を選んだ2つの理由

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

お問合せや初対面のときに必ず聞かれる「マレーシアにどうして海外就職したんですか?」というご質問!ブログでも紹介していたつもりでいましたが、これまで改めて欠いたことがないことに気がつきました。

ということで、「どうしてわたしが新卒マレーシア海外就職を選んだのか」、その2つの理由についてお話してみようと思います。

私が新卒マレーシア海外就職を選んだ2つの理由

1)海外でビジネスがしたかったから

「なぜ新卒で海外就職の道を選んだか」

という質問への答えにもなると思いますが、わたしは

幼い頃から自分が大人になったときの居場所が海外にあり、そして高校生の頃から「ビジネス(商売)で人の心も生活も豊かになる仕事がしたい」と思っていました。

どうして海外への意識が高かったかというと、幼い頃から両親から「日本に出ても活躍出来るような人間」になるよう言われてきたからというのが大きいと思います。自分自身も強い興味があったので、海外旅行や英語の勉強、海外でのボランティア活動などを学んできました。

そんなバックグラウンドがあるなかでどうしてわたしが「ビジネス(商売)にこだわる」のかというと、このブログでも何度かお伝えしていますが、全てのキッカケは高校2年生の頃に地元福島で経験した東日本大震災にあります。

当時避難生活も経験し、高校の体育館にはまだ避難者が生活しているなかで通学するという、今思い返しても過酷な日々を送っていました。

いまでこそ家族や友人も元気に暮らしていますが、その当時、一気に街の様子や人の雰囲気も変わったことを覚えています。

そして少しずつ生活が元に戻り始め、私たち学生は学校へ、大人たちは働きに始め、やっと街に活気が戻ってきたことを高校生ながらに目の当たりにし、「働くことが人の生活を豊かにする」と感じました。

では「働く(労働)」を生むためには何をしたらよいのか?

それは「ビジネス(商売)」を生むことだと。「お金の流れがあるところに人は集まる」ことを感じ、ビジネスの可能性を感じました。

 

「商売で物心共に豊かな社会にしていきたい」

 

この思いを日本だけでなく海外からも実現したかった。だから「海外でビジネス」という新年にたどり着いたのだと思います。

2)大好きなマレーシアでならスタートダッシュが切れると思ったから

「海外」といっても200もの数の国・地域があるなかで「どうしてマレーシアなのか?」という疑問を持たれる方も多いと思います。

それは「マレーシアならスタートダッシュが切れると思ったから」です。

というのも、わたしは大学3年生のとき、日本の大学を休学して1年間、マレーシアの大学に私費留学をしていました。たった1年の留学経験で…と思われるかもしれませんが、とにかくこの留学期間というのは私にとって大きい存在。あれだけ苦労して、あれだけ楽しんで、あれだけ泣いて笑って考え抜いた毎日…自分ならではのローカルネットワークとその経験が自信を持たせてくれたのか、海外就職を思いついたときには「マレーシアだ!」という直感しかありませんでした。

今振り返れば、もちろん楽しいことも苦しいこともたくさんありましたが、マレーシアに新卒海外就職で来てよかったと思っています。

大切な自分の居場所は自分で選ぶ

そしてこの自分自身の思いを持っているだけでなく、実現するために成長できる場所を見つけることも大事だと思います。抽象的な意見になってしまいますが、「運やご縁」というのも大切です。

自分でインターネットで調べたり、考えたり、実際にマレーシアに行ってみたり、情報発信をしてみたり、誰かに相談したり、いろんな自分の経験が積み重なっての「運・ご縁」だと思ってます。

なにもしなければなにも得るものはない。当たり前のことだと思います。

その逆もまた然り。

 

いっぱい悩んで、いっぱい不安に感じて良いと思います。

わたし自身も、突っ走りながらもいっぱい泣いたしいっぱい苦しい思いもしてきました。

みんなそんなもんです。

 

だからなにって話なんですが、言いたいこととしては、

「思ったようにやってみたらいい」

と思います。

 

今回は少し、思いの丈をだらだらと書いてしまいました。

具体的な海外就職の方法やビザ事情などは過去にも書いているので、ぜひ海外就職のカテゴリーをチェックしてみてくださいね!

SEE YOU SOON!

AOI