こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

これまでブログなどで公開してきた通り、わたし自身マレーシアで新卒海外就職をして、今、自分がやりたいと思う仕事を少しずつ形にしながら毎日を過ごしています。そしてこのブログを見てご相談いただいた方の中には、日本での就職活動を進めながらも、マレーシアでの新卒海外就職を目指される方、進路について悩まれる方、非常に多いと思います。

その中でも特に、現在大学4年生で卒業後、新卒でのマレーシア海外就職を検討されている方向けに、まずは知っておいてほしい新卒マレーシア海外就職の流れについてお伝えしてみたいと思います。

新卒マレーシア海外就職は卒業間近・卒業後からスタートするのが基本

まず、新卒マレーシア海外就職の就職活動を開始するタイミングについて!

これ、実は意外と知られていないようなのですが、日本では早いところだと12月頃から就職活動が始まっていたりしますが、基本的に日系企業に関しては6月に就職活動が解禁して、みんな一斉にスタートダッシュを切ることになるかと思います。

しかし!

マレーシア新卒海外就職は基本的に、大学卒業間近もしくは卒業後からスタートします。

もちろん、企業の中には早いうちから面接を受け付けてくれるところもありますし、わたしが新卒で就職した企業も、6月の就活真っ只中のタイミングで面接を受け、内定をもらいました。

ただ、こういったケースはかなり稀で、例えば知人の紹介であったり、ご本人がよっぽど優秀・見込まれている場合であれば、早くから採用を検討してくれることがありますが、一般的にマレーシアの海外就職は「すぐに来れる人」を対象に行いますので、新卒の場合は早くて「卒業間近」、もしくは「卒業後」にやっと面接のセッティングを受け付けてくれるようになります。

新卒マレーシア海外就職が卒業前後に開始する理由

では、なぜ日本と同じ就職活動時期にマレーシアの新卒海外就職はスタートすることができないのでしょうか?

その理由は「就労ビザ」にあると聞きます。

そもそも、マレーシアで働くためには「就労ビザ」が必要であることはご存知でしょうか。マレーシアでは私たち日本人は「外国人」となるため、マレーシアで働くことを許可してもらうための「就労ビザ」を取得する必要があります。

そしてこの就労ビザは、渡航の2ヶ月〜3ヶ月前くらいから申請手続きを開始するため、新卒の場合、卒業後、4月から渡航可能とすると、4月から逆算して1月・2月にやっとマレーシアでの就職活動が開始することができるようになります。

また、就労ビザ発行に際して、必要書類のひとつに「最終学歴(大学)の卒業証明書」「成績証明書」があります。

これを大学から発行してもらうためには、大学を卒業しておく必要があるため、必然的に就労ビザの手続きを開始することができるのが卒業後からになります。

従って、企業としてはビザ発行手続きを開始することができるこのタイミングから、新卒での海外就職に関して、面接の受付を開始したり、卒業のタイミングですぐに提出してもらえるように、1ヶ月〜2ヶ月くらい前からのみ面談を受け付けるということになります。

ただし、この辺りの考え方や方針などは企業によって異なりますので、随時ご利用の人材エージェントさんや企業の採用担当者と相談しながら進めていくことをお勧めします。

マレーシア海外就職のリスク

この時、リスクとして認識しておいた方が良いのは、内定が出たとしても、就労ビザが下りなかった場合は内定そのものも取消になる可能性があるという点です。

そのため、企業としてもすぐに渡航できる方を採用の対象者とするため、卒業間近もしくは卒業後の方を対象に、求職者を集める企業が多くなるわけです。

とはいえ、どんな選択にもリスクはつきもの。

そのリスクをあとはどうやって対処していくか、また、ご自身がそのリスクそのもの、そしてリスク対処に対応できるかどうかが要かなと思います。

特に、マレーシアに限らず海外就職に関しては、必要な書類の発行やその他準備は全て自分で計画を立てながら行う必要があります。受け身ではなく、自分で進めていくことができれば、マレーシアに来てからもその経験は役に経つのではと思います。

マレーシア新卒海外就職の方法

では、実際にどうやって新卒海外就職を進めたら良いのでしょうか。

マレーシアでの就職先を見つける方法としては、

  1. 人材紹介エージェントに相談する
  2. マレーシアの知人に相談する
  3. インターンシップなどに参加してみる
  4. 実際に新卒海外就職をした人に聞いてみる

などが挙げられます。

海外就職をして継続している人に関しては、情報発信を積極的にされている方が多いので、ツイッターやインスタグラム、ブログなどを通じてご相談してみるのも良いでしょう。

ただし、やみくもに問い合わせても返答がないことがほとんどかと思います。ご相談窓口ではないので、漠然とした質問ではなく、具体的にご相談されることをお勧めします。

ちなみに、マレーシア海外就職のステップについて、こちらの記事ではまた少し違った角度でご紹介しています。

新卒マレーシア海外就職は実現できる。まずはできることから始めよう

「新卒海外就職」の道は、私の頃でこそ非常に稀な選択肢でしたが、最近ではメディアで多く取りあげられるようになったこともあり、新卒・転職に関わらず、多くの方が、それぞれに合った様々な形でマレーシア海外就職を実現しています。

例えば、最近ではお子様の教育移住をいちばんの目的に、親御様が海外就職を目指すというケースも増えてきています。

「海外就職」というと、中々親御さんや周囲の理解・共感を得られなかったりすることも多いようですが、ご自身の人生。納得するまで考えて、調べて、動いていくことをお勧めします。

とはいえ、わたし個人的には、結果的に海外就職をしてもしなくても、新卒の場合は日系企業の就職活動もとことん臨んだ上で、海外就職を検討することをお勧めします。というのも、わたし自身、就職活動をやるだけやって、色んな起業さんを見させていただいたことは、今、ここマレーシアで仕事をする上でも非常に役立っているからです。また、最初から海外就職一択に絞らず、「選択肢を複数持った上で選択をする」というのも方法の1つと考えるからです。

是非みなさんも、ご自身が臨む毎日を実現するために「マレーシア新卒海外就職」という道を最大限活用してください。

まずはマレーシアへ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

海外就職で悩んでいる方、どのエージェントを使ったら良いか分からない…!という方は是非、一度ご相談くださいね!

SEE YOU SOON!
AOI