マレーシア海外就職をキャリアに繋げる!働いてみて思うこと。

英語力が不安な方でも挑戦しやすいマレーシア海外就職!しかし、マレーシアへ行く=成功ではありません。マレーシア海外就職をキャリアに繋げる方法について考えてみましょう。

こんにちは!

渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

海外就職先として大人気のマレーシア!

『生活費が安くて貯金もできる!』

『英語力がゼロでも海外で働ける!』

などなど、マレーシア海外就職に期待を寄せる方も多いのではないのでしょうか。しかし、実際にマレーシアに来てみて、色んな苦労をされた在住者も多いはず。マレーシアで働くことはあくまでも選択肢・方法の1つであり、『マレーシアへ行く=成功』ではないのではと思います。

『マレーシア海外就職はキャリアに繋げるのか』というご相談もたまにいただきますが、個人的な結論としては『自分次第でキャリアに繋げるチャンスがある』といえます。

どういうことか。少しマレーシア海外就職の経験談を交えながら、お話してみたいと思います。

マレーシア海外就職の仕事の内容

マレーシア海外就職でよくある職業は『コールセンター』です。

いわゆる、有名通販サイトや大手旅行サイトの日本語窓口を、マレーシアから行うというもの。私たちが何の気なしに問い合わせているその電話も、実はマレーシアに繋がっているかもしれませんね!

その他にも、営業職や技術職、ベンチャー企業など、業界や職種は非常に様々。どんなお仕事でも、是非、その後のキャリアに繋がるような仕事ぶりをしてほしいと思います。

マレーシア海外就職をキャリアに繋げられるか

この質問はよくいただくのですが、結論。マレーシア海外就職はご自身のキャリアに繋げられると思います。ただし、全てはご自身次第です。

『とにかくマレーシアで挑戦したい!』

という方は、求人もたくさん出ているコールセンターに求人応募をしてみると良いかと思います。特に新卒や中途新卒くらいの世代の場合、職歴が数年以上無い場合はビザを取得するのが難しいため、コールセンターでのお仕事だと実現性は高いといわれています。

コールセンターと一言で言ってもその仕事の内容やポジションも様々。

最初に就職した会社でステップアップされていく方もいらっしゃれば、最初は英語ゼロでもできる日本語窓口でお仕事をしつつ、英語レッスンを受けて英語力を付けて、別の部署もしくは別の企業で、英語を使ったお仕事へチャレンジ!という方もいらっしゃいます。

物価が安いから賃金も安くて本当に良いのか

よく、『マレーシアは物価が安いので、そのぶん賃金が安くても良い』

ということを聞きますが、本当にそうなのでしょうか。

賃金は高ければ高い程良いし、物価に関係なく、自分の実力や売上を挙げられれば、それに応じて給与は上がっていくべきという考えもあるのではないでしょうか。もちろん、マレーシアの最低賃金・平均賃金は日本と比べて低く、賃金が安くても生活はできますが、賃金がもし今の倍あれば、やれることはその倍あるのでは?選択肢もぐっと広がるのでは?とも考えられます。

『物価が安い』ことにとらわれず、給与が挙ればその分、『日常や人生の選択肢が増える』と思うので、もしそういったチャンスがあるのであれば、自分自身で会社の売上を上げて、給与を上げていくくらいのハングリー精神で働いてみても良いかもしれませんね!

そのためには、そういった環境に身を置くことがまずは第一になります。こちらを参考に是非、マレーシア海外就職のお仕事を探してみてください。

マレーシア海外就職。結局は自分次第

結局のところ、マレーシアに来ても、日本にいても、どの国にいても、やらなければ何も変わらないし、何か1つでも頑張れば、結果が付いてくると思います。

マレーシアへ渡航するまでは、マレーシア渡航に向けて英語を勉強したり、色々と頑張るものですが、マレーシアに来てからマレーシアでの日常ができると、どうしても日々の雑多に追われ、なあなあに過ごしてしまう。

マレーシアに来て2〜3ヶ月くらい経った頃に、私自身がそう危機に感じたことがあります。今ではオンオフ分けて、こう何もしない過ごし方も私は好きです。ただ、その毎日に追われすぎず、毎日大切に過ごしてほしいと思います。

マレーシア在住の方は特に情報発信をされている方が多く、マレーシアでの日々をとても楽しく過ごされているのがとてもよくわかります。と同時に、いろんな葛藤があったり、仕事での悩みもあるのでは、とも思います。そういった苦労の積み重ねの上で、ご自身が理想と擂るマレーシア生活が成り立っているのではないでしょうか。

自分の

SEE YOU !


AOI

メニュー