なぜマレーシアで就職?私が新卒でマレーシア海外就職を選んだ理由。

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアでの就職。その選択をする理由や目的・目標、そしてきっかけは人それぞれで、『マレーシア海外就職』の形もまた人それぞれ。

わたし自身は日本の大学を卒業して新卒でマレーシアに就職しましたが、これから新卒でマレーシア海外就職を目指されている学生の方、そして在住の方にはやはり、『なぜマレーシア?』『なぜ新卒で海外就職?』とよく聞かれます。

そこで今回は、『わたしが新卒でマレーシア海外就職を選んだ理由』についてお伝えしてみたいと思います。




私が新卒マレーシア海外就職を選んだ2つの理由

マレーシア_就職_海外就職_日本人_求人

それではさっそく、わたしがマレーシアでの海外就職を選んだ理由について、少し話してみたいと思います。

1)海外就職でマレーシアを選んだ理由

「海外」といっても200もの数の国・地域があるなかで「どうしてマレーシアなのか?」という疑問を持たれる方も多いと思います。

それは「マレーシアならスタートダッシュが切れると思ったから」です。

というのも、わたしは大学3年生のとき、日本の大学を休学して1年間、マレーシアの大学に私費留学をしていました。たった1年の留学経験で…と思われるかもしれませんが、とにかくこの留学期間というのは私にとって大きい存在。

あれだけ苦労して、あれだけ楽しんで、あれだけ泣いて笑って考え抜いた毎日…自分ならではのローカルネットワークとその経験が自信を持たせてくれたのか、海外就職を思いついたときには「マレーシアだ!」という直感しかありませんでした。

今振り返れば、もちろん楽しいことも苦しいこともたくさんありましたが、マレーシアに新卒海外就職で来てよかったと思っています。

2)海外就職を選んだ理由

新卒であれば普通、就職活動をして、日系企業・外資から選ぶというのが通例で、わたし自身も当初は日本で就職活動を必死にしていました。

おかげでいくつかの企業さんから内定をいただいていたのですが、最終的には第一希望の企業に就職することができず、その時にはじめて、

『そもそも日本ではなく海外で就職するのはどうか』

というアイディアが浮かび、『マレーシア海外就職』という洗濯に至った訳です。なぜなら、

『海外の力を必要とする日本を、外から支えられるような仕事をしたい』

という根本的な目標に気がついたことが大きかったと思います。そういう意味では、第一希望の会社に就職できなかったことはある意味必然だったのかもしれません。

3)商売人という、もう1つの目標

わたしは高校生の頃から「ビジネス(商売)で人の心も生活も豊かになる仕事がしたい」と思っていました。

どうして海外への意識が高かったかというと、幼い頃から両親から「日本に出ても活躍出来るような人間」になるよう言われてきたからというのが大きいと思います。自分自身も強い興味があったので、海外旅行や英語の勉強、海外でのボランティア活動などを学んできました。

そんなバックグラウンドがあるなかでどうしてわたしが「ビジネス(商売)にこだわる」のかというと、このブログでも何度かお伝えしていますが、全てのキッカケは高校2年生の頃に地元福島で経験した東日本大震災にあります。

当時避難生活も経験し、高校の体育館にはまだ避難者が生活しているなかで通学するという、今思い返しても過酷な日々を送っていました。

いまでこそ家族や友人も元気に暮らしていますが、その当時、一気に街の様子や人の雰囲気も変わったことを覚えています。

そして少しずつ生活が元に戻り始め、私たち学生は学校へ、大人たちは働きに始め、やっと街に活気が戻ってきたことを高校生ながらに目の当たりにし、「働くことが人の生活を豊かにする」と感じました。

では「働く(労働)」を生むためには何をしたらよいのか?

それは「ビジネス(商売)」を生むことだと。「お金の流れがあるところに人は集まる」ことを感じ、ビジネスの可能性を感じました。

「商売で物心共に豊かな社会にしていきたい」

この思いを日本だけでなく海外からも実現したかった。だから「海外でビジネス」という信念にたどり着いたのだと思います。

ここでなら、これまで思ってたことを実現できるのかもしれない。そんな直感が、わたし自身を突き動かしたように思います。

まずは調べる!マレーシア海外就職決めるのはそれから

わたし個人としては、もし今、自分の就職活動やキャリアに納得がいっていないのであれば、ぜひ一度マレーシアで就職するという選択肢も持ってみてはいかがでしょうか。

実際に求人を調べてみたり、経験者の話を聞いてみたり、求人を出している人材会社に相談してみて、情報収集をしてから決めても遅くはないと思います。調べていくなかで、途方に暮れることもありますが、きっとどこかのタイミングで答えは出るはず。

考え抜いた上で海外就職をするのか、しないのかを決めることが大切だとわたしは思います。必ずしも海外就職を実現することが正解なのではなく、考え抜いた上で『やらない』という選択をすることも素晴らしいことです。

『なにから始めたら良いのか分からない!』

という方は、こちらからご相談いただくか、是非プロの人材会社さんに相談してみてはいかがでしょうか?

JACリクルートでマレーシアでの就職を相談する

リクルートエージェントでマレーシアでの就職を相談する

マレーシア海外就職。実らせるかは自分次第

マレーシア海外就職をしたからといって、誰しもが楽しく成功する訳ではなく、いろんな葛藤や仕事の悩みがあったり、そんな中でも必死に頑張って、自分の人生をマレーシアという場所で生きています。

そして、ご自身の目標を実現するための『場所』を自分で選ぶというのもとても大切なのではないでしょうか。

みなさんにも是非、マレーシア海外就職という選択を最大限に活用して、自分のものに形作っていってほしいと思います!

SEE YOU SOON!

AOI


ayuchannnland