• マレーシア海外就職・留学・生活と旅行記。

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアへ移住するにあたり、学校や仕事が決まったら今度は家探し!マレーシアでコンドミニアムの内覧をするためには、どんな段取りをしたら良いのでしょうか?

今回は、実際に不動産エージェントによく聞かれる質問なども公開してみようと思います。

マレーシアでコンドミニアムの内覧をするまでの流れ

マレーシアでコンドミニアムを内覧する時の、一般的な流れは以下です。

1)iPropertyやProperty Guruで物件・エージェントを探す
2)エージェントに連絡する
3)物件の条件・希望を伝える
4)内覧日時のアレンジをする
5)内覧する

このうち、1)についてはこちらで詳しく説明しています。

コンドミニアムの内覧は無料?有料?

ただ、ネットの情報は最新でないこともあり、『この物件はもう埋まってて、こっちはどう?』と来るばかり、ということも。このときに家賃が高いお部屋を提示されるとなんとなく、不快感を感じる方も多いのではないでしょうか。

そのため、日系の留学・不動産エージェントさんを利用したり、在住の方に相談するというのも1つの方法だと思います。

日本人のスタッフに同行してもらいたいときや、入居は来年だけど一度家を見てみたい!という方は大体、内覧ツアーとして2万円〜3万円くらいでサポートしてくれることが多いです。

マレーシアでは基本的に、入居日が決まっていないと内覧することが出来ない中でのアレンジとなります。最大でも2ヶ月以内の入居でない場合、マレーシア海外就職や教育移住などを見越した下見の段階である場合は、この辺りの手間賃と考えて、ツアー費用を支払ってでも依頼する方がベターです。

また、色んなコンドミニアムをまわってみるときの交通費なども含まれていると考えると、自分であれこれ1つ1つ手配するよりも段取りが圧倒的に良く、楽だと思います。

特に日本人のアテンドは不要であったり、今すぐ入居したい!というときは無料でアレンジできるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

こちらのご紹介もできるので、宜しければご相談ください。

ご相談はこちらから

マレーシアで内覧予約時に必ず聞かれること

マレーシアでコンドミニアムの内覧を予約する際、エージェントから必ず『Client Profile(顧客プロフィール)』を送ってほしいとまず連絡が来ます。その内容はエージェントによって様々ですが、よく聞かれる質問は以下です。

・Name : お名前
・Nationality : 国籍
・Job Status:仕事
・Allocation Budget:予算(RM4,000〜RM5,000というように最低〜最高を提示した方がベター)
・Bedrooms:ベッドルームの数や部屋の広さ
・Requirement(Fully Furnish/ Partly Furnish)
・Viwing Appointment(Date and Time)
・Move in Date:入居日(契約開始日)
・Lease tenure:個人契約か、会社契約か

この辺りは、予約時にすぐ答えられるよう準備しておきましょう。自分から送ってしまっても良いかもしれませんね!日系のエージェントさんでもこの辺りの情報は必ず聞かれます。

企業名などを聞いてくるところもありますが、これについては契約が決まってからのみ伝えても良いと思います。

内覧して気に入った物件を見つけたら初期費用の支払いはスムーズに!

内覧をして、『これだ!』と思ったお部屋があれば、すぐに初期費用とオファーレターの手続きをしましょう。これをしないとお部屋を抑えることができません。日本だと無料で、今月末までなら返事を待ちますといわれますが、マレーシアでは初期費用が支払われない限り部屋を押さえることはできません。

この辺りをすぐにしないと、本当に他の人で入居が決まることが当たり前。実際に、家賃交渉で粘っている間にオーナーが他のテナントを決めてしまったという事例を何件か聞いています。

初期費用についてはこちらから⇩

ここがスムーズだと交渉などもしやすいので、不安な気持ちもあるかとは思いますが、その場でサイン&決済、もしくは海外送金で数日必要な場合はいつ頃入金予定なのかをしっかり伝えましょう。

ちなみに、その場で決済する場合についてですが、マレーシアの初期費用・家賃の支払いは口座振込が基本です。この振込を現金・海外送金で日本からするとなると結構大変・・・!

そうこうしてる間に本当にお部屋が取られてしまう可能性もあります。そんな時大活躍なのがトランスファーワイズ!入居後も、クレジットカードから支払いができるので、こちら是非活用してみてくださいね!

マレーシアのコンドミニアム内覧をスムーズにアレンジ!

マレーシアに限らず、海外での物件契約というのは中々気合いが入るもの。英語ができる・できないだけでなく、むしろそれに関わらず、マレーシア現地のルールに則って内覧〜入居までをアレンジしていく必要があります。

みなさんもマレーシアで素敵なコンドミニアムのお部屋が見つかりますように!お手伝いできることがありましたらお気軽にご連絡ください。

コンドミニアム内覧のご相談はこちらから

SEE YOU SOON!

AOI

マレーシアのコンドミニアムに関するお役立ち情報はこちらから。