• マレーシア海外就職・留学・生活と旅行記。

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

マレーシアに限らず、海外での就職を考えるにあたって、

『どのくらいの英語力が必要になるのか』

『英語ができなくてもマレーシアに就職できるのか』

と疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論、

1:英語ができなくてもマレーシア海外就職は実現できる
2:しかし、キャリアアップを目指したいなら英語ができた方が圧倒的に良い&マレーシアに来てから伸ばすべき
3:英語力+αのスキルを現地で身につけ、キャリアアップに繋げるチャンスが海外就職にはある

この3点が今回お伝えしたいこと。

ということで早速、マレーシアで就職するにあたり、英語力とそのキャリアについて、考えてみましょう。

マレーシアの日本人求人で求められる英語力

では、マレーシアで就職するにあたり、必要となる英語力はどのくらいなのでしょうか。これについては、実際の求人、そしてご自身の英語力・ご経験によって変わってくると思います。

1)英語力不要とあるマレーシアでの求人

マレーシアで働くといっても、日本語でのお仕事というのはたくさんあります。

そのメインとなるのが、コールセンターです。某大手旅行会社や通販、保険会社などの日本人窓口をマレーシアオフィスから行うという業務。話す相手は日本人のため、英語というのは不要になります。

しかし!

コールセンターや大手ネット関連の大手外資系会社の場合、日本からだけではなく、勧告やタイ、ベトナム、フィリピンなどから働きに来ている同僚がたくさんいることもあるため、仕事相手には英語を使わずとも、社内でのコミュニケーションでは英語必須になりますね!そういったところから、英語力を少しずつ身につけていくことが課題であり、楽しみでもあるといえるでしょう。

もちろん、コールセンターのなかにも英語力が問われる求人もあるでしょうし、お客様は日本人でも社内資料が英語だったり、ということもあるようです。この辺りについては、実際どのくらいの英語力が求められるのか、また、キャリアアップも目指したい方は、どのくらい英語力を伸ばせば社内外問わず、次のステップに上がることができるのか、というのは検討したいところです。

2)英語力が必須とあるマレーシアの求人

次に、英語力が必要とされているマレーシアでの求人についてですが、これについては、

・日系企業の営業職・販売
・日本人オーナーのベンチャー企業

というケースが多いと思います。

日本からの事業進出や留学、移住などのサポートや、その他メディアなどの企業が多いようです。マニュアル通りに業務をこなすというよりも、自分で提携先や顧客を見つけて、自己の成績を伸ばしていく、もしくは会社をいっしょに大きく伸ばしていくことが目標となります。

営業職については、日本でのご自身の経験を活用して就職することができるチャンスだと思いますし、ベンチャー企業については、英語力だけでなく、これから会社を大きくしていくタイミングでの入社になると思うので、ご自身の力を付けていくチャンスでもあると思います。

この場合、入社の段階で即戦力となる可能性を見込まれた上での採用となると思います。また、入社時点で英語がある程度話せる・読める段階であれば、採用ならびにその後の仕事を即戦力として最大限活用していくことができるでしょう。

海外就職で英語力を伸ばす方法

マレーシアでの就職となると、渡航(実現)するまでが目標になりがちで、それはそれで大事なのですが、実際わたしがマレーシアで就職してみて感じることは、

『マレーシアに来てからも勉強は必要!!!!!』

ということです。

もともと英語が好きだったり、留学していたこともあり、英語はある程度できましたが、そうはいってもやはり、働き始めてからはかなり勉強しました。

これは単語や文法などもそうですが、商談のときの話し方、交渉の仕方、アポイントの取り付け方などなど、留学のときとはまた違うスキルを学ぶことができたと思います。

また、マレーシア人といっしょに働くことによって、学生の頃は見えてこなかったマレーシア人たち・ビジネスの特徴や文化・風習、強みなども日々感じることができ、周りに支えられながら色んなことを学ぶことができました。

とはいえ、毎日の業務をこなしているだけでは英語力は伸びません。

・現地・海外からの同僚と出かける
・語学学校に通う
・オンライン授業を受講する
・(恋人を作る・・・?)

などなど、いろんな方法があると思います。中には企業が英会話レッスンを提供しているところもあるとか!

オンラインでの受講も良いですが、交友の輪を拡げるという意味でも、語学学校に週末や夜1時間通うだけでも良いので、是非トライしてみてほしいと思います。

勤務地・お住まいから通いやすい語学学校なども提案できるエージェントさんがいらっしゃいますので、学校の提案だけでも一同相談してみても良いかもしれませんね!

マレーシアの就職はエージェントに相談しよう

新卒だけでなく、社会人経験のある方々の海外転職については特に、プロのエージェントさんとより具体的なライフプランを相談してみることをおすすめします。

マレーシアでの就職の求人は数多くありますが、日本に帰ってくるときのキャリアなども見据えるにあたり、日本でも実績のあるエージェントさんを活用してみるというのも良いと思います。

おすすめのエージェント1:リクルートエージェント

リクルートはだれもが知る人材エージェントですね!

マレーシアでの求人も多く出していますし、特に日本に帰ってくる時のことも踏まえたキャリアアップについても、的確なアドバイスが得られるのではないでしょうか。

リクルートエージェントに相談してみる

おすすめのエージェント2:JACリクルート

こちらのエージェントさんでは、マレーシアに限らずシンガポールやタイなどにも基盤を置いているのが特徴です。現地発信ならではのアドバイスが聞けると思います。マレーシアでと思っていても、もしかするとシンガポールやタイなど他の国での就職チャンスもあるかもしれません。

JCBリクルートに相談してみる

マレーシアで就職して英語力もキャリアもステップアップさせよう!

先ほどもお伝えしましたが、まず第一段階のゴールとしてマレーシアでの就職を実現させることが第一だと思います。その後、マレーシアでの日常ができてくると、人間、どうしても毎日を当たり前のように過ごしがち。

「あれ、なんのためにマレーシアに来たんだっけ」

「自分の成長が止まってる気がする」

と感じることが、どこかのタイミングであるかもしれません。わたし自身がそうでした。

だからこそ、ぜひみなさんがマレーシアに来られるときは上記を参考に、マレーシアに来てからの努力でいかようにも変えることができます。

まずは英語力不問の仕事で頑張る間に英語力もスキルも身につけていって、次のステージへステップアップされてみても良いのではないでしょうか。

SEE YOU SOON!

AOI