• マレーシア海外就職・留学・生活と旅行記。

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

『マレーシアは日本の3分の1の物価』

『家賃は3万円!』

なーんて話は聞いたことありませんか?これについては、在住の方の多くが

『半分ウソ、半分ホント』と思われるのではないでしょうか。

これだけ聞くと、『マレーシアはとっても安いんじゃないか』と感じられるかと思いますが、【マレーシアの物価は日本の3分の1】の時代はもう終わったかもしれない!?そんな話を、実際の現地での生活の様子も含めてお伝えしてみたいと思います。

マレーシアの基本的な物価水準

『物価水準』といっても、家賃や食費、教育費、交通費などいろんな切り口があるかと思います。今回は分野ごとにお伝えしてみたいと思いますが、どの分野でもいえるのは、

マレーシアの物価は一概に安いわけではなく、良いものは値段も良い

ということ。ある意味、価格も質も幅が広いので、マレーシアの費用・物価に合わせるというよりも、ご自身の予算に応じてお家や食生活のスタイルを選べるというのはマレーシアの魅力かと思います。

では早速見ていきましょう。

マレーシアのコンドミニアムの家賃

マレーシアの住まいといえばコンドミニアム!

他の記事でも紹介している通り、立地やお部屋の大きさ、コンドミニアムのグレードによって、家賃はピンキリです。実際、3万円くらいで住むことができるコンドミニアムというよりアパートメントもあるのは事実ですが、日本人が安心・快適に住むとなると、家賃5万円は見ておいた方が良いでしょう。

仮に、こちらの記事でも紹介しているような、マレーシアでRM2,000、ここでは日本円6万円のお部屋を借りるとします。学生の頃、わたしは大阪と京都に住んだ経験があるのですが、6万円で借りれるお部屋とすると大体6畳〜10畳など、築年数などによってこのくらいの広さのお部屋に住むことができたと記憶しています。

仮に、間を取って8畳のお部屋としましょう。8畳は平米数でいうと14平米くらいです。

では、マレーシアで6万円のコンドミニアムを探してみると、どのくらいの広さの家に住むことができるのか?なんと、大体50平米〜60平米くらいのワンルームが多いのです!
そう考えると、同じ値段で3倍以上のお部屋に住めると考えると、日本の物価の3分の1と捉えることができますね!

ただし、広くなればなるほど、そしてコンドミニアムにもグレードがありますので、6万円で住めるお家もあれば、10万円、20万円、30万円…とするお部屋もたくさんあります。

例えば、クアラルンプールのモントキアラという高級住宅街のエリアですと、ファミリー向けなら大体8万円〜25万円くらいのレンジで、素敵なお部屋が見つかるかなと思います。

この辺りは、マレーシアでいくらかかるか?よりも、予算に合わせたお家選びをしていくことが大切になると言えるでしょう。

マレーシア生活の食費

そして、マレーシアでの食費!

食費については、本当に人によるかなと思います。

家族3人〜4人でも、自炊を中心に月RM800〜RM1,200(日本円で2万円ちょっと〜3万円以内くらい)に済ませている方もいらっしゃいますし、外食中心となればその分、食費としてかかってくると思います。

例えばナシレマというマレーシアのいちばんの名物料理であれば、1食1リンギット(26円とかwww)で買えることもありますし、ショッピングモール内で食べたら同じナシレマでも600円くらいします。

一方で、カウンター席で食べるようなお寿司屋さんや高級レストラン、バーなどもクアラルンプールにはたくさんあるので、そういったところに行けばその分やはりかかってきます。

こちらの記事でも記載していますが、わたし自身は大体月に7万円〜8万円くらいです。これが多いのか少ないのかは分からないのですが、外食やカフェに行くことが多かったり、月に1度はおいしいものを食べに行くので、大体このくらいはかかってるかなという印象です。

詳しい内訳など、是非参考までに読んでみてくださいね!

マレーシアのタクシー・Grab(グラブ)

Grab(グラブ)というのは、マレーシアはじめタイやシンガポール、カンボジアなど東南アジアを中心に主流となっている配車アプリです。

アプリ内でお迎えの場所と行き先を入れれば、近くのドライバーが来てくれて、決済はカードか現金などから選べるので、明瞭会計というのも安心できるポイントです。日本ではUber(ウーバー)が参入していますね!

日本のタクシーでも初乗り料金があるように、このグラブカーにも初乗り料金がありますが、日本のタクシーの初乗りが540円〜680円(と記憶してますが、違ったらすみません^^;)なのに対して、マレーシアのグラブの初乗りは約120円くらい!車で15分ほどの移動でも500円前後でいろんなところを行き来することができます。

この点でいうと、タクシー代については日本の3分の1の物価といえそうですね!

マレーシアでの教育費

そして最後に、お子さまがいらっしゃるご家庭にとっては『教育費』というのが、マレーシアでの生活費として大きく関わってくるのではないでしょうか。

マレーシアには、100を越えるほど非常に多くのインターナショナルスクールが各地にあり、特にクアラルンプールには数えきれない程の学校があります。

そしてこのインターナショナルスクールの学費というのも、年間40万円くらいの学校もあれば、300万円を越えてくる学校も…!学費が高い=良い学校というわけでもなく、お子さまの性格や英語力、ご家族で来るのか寮に滞在するのかなどなど、様々な視点から、お子さま・ご家族それぞれにぴったりの学校選びというのが大切になってくるかと思います。

マレーシアの物価が安いはウソ×ホント

今回ご紹介したように、マレーシアの物価というのは一概に全てが安いわけではなく、それぞれが選ぶものによって大きく費用感というのは変わってくると思います。

マレーシアの物価水準に合わせた生活をするというよりも、ご自身の予算と、『こんなところに住みたい』『こんな学校に通わせたい』といった希望との掛け合わせで、いちばんコストパフォーマンスが良いマレーシア生活の形を実現していくと、素敵なマレーシアライフが待っているのではないでしょうか。

学校やお住まい選び、マレーシアでの海外就職についてのご相談も承っているので、こちらからお気軽にご相談ください。マレーシアでお会いできることを楽しみにしています!

SEE YOU SOON!

AOI

マレーシアでの生活費や費用についてはこの辺りもよく読まれています。