マレーシアで就職!お給料と貯金額をシミュレーションしてみた!

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい)です。

マレーシアで就職をしたい!と思ったときに考えるのが

『マレーシアで就職したときのお給料はいくら?』
『マレーシアに住んだら生活費はいくら?』
『マレーシアに住み始めたら貯金はどのくらいできる?』

などなど、生活費・貯金額にまつわるギモンは多いと思います。

そこで今回は、マレーシアで就職したときの貯金額をシミュレーションしてみたいと思います。

※今回は、マレーシア海外就職でよくあるRM6,000(約16万円)をベースにしたいと思います。

マレーシア海外就職のお給料について

マレーシアで就職した場合のお給料については、人それぞれ。

基本的に最低賃金が企業にもよりますがRM5,000〜RM6,000スタートの場合が多いですが、求人が多いコールセンターなどで働かれる場合、夜勤手当なども付くとお給料はRM8,000、RM10,000と上がっていくことも多いです。

その他、営業職や留学エージェント、不動産、専門職など様々求人がございますので、まずは専門のエージェントさんなどにご相談されることをお勧めします。

1)所得税(15%と仮定):RM900

では早速、支出について見ていきましょう!

まず最初にお伝えしたいのが、意外と忘れがちな所得税!

マレーシアで働く場合、マレーシアで所得税をおさめる必要があります。ここでの注意点としては、最初の6ヶ月間は約26%支払う必要があり、その後、6ヶ月以上滞在してマレーシアの居住者として認められると、累進課税により所得税のパーセンテージが決まるルールがあります。

したがって、

最初の6ヶ月間はRM6,000×約26%=約RM1,560が差し引かれる

ことになりますので、給与がRM6,000の場合、最初の半年間はRM4,500の間で生活費を賄わなければなりません。なお今回は、所得税が累進課税で決まった後のパーセンテージをもとに検討しています。

この6ヶ月の計上方法には様々ルールがございますので、詳しくは企業の担当者もしくは人材エージェントさんに確認しましょう。

2)家賃:RM2,000

次に家賃ですが、一人暮らしで快適に住むとなると、大体RM2,000くらいは予算を見ておいた方が良いでしょう。

もちろん、RM1,500前後でもコンドミニアムはありますが、セキュリティーやコンドミニアムの状態、立地、快適さなどを考えると、RM2,000前後が妥当といえます。

最初は一人暮らしで住んでみて、慣れてきて信頼し合える友人や恋人などが出来たタイミングでシェアハウスなどにしても良いと思います。

3)食費:RM1,500

そして食費については、これも人によってどのくらいかかるかは大きく変わってきます。自炊をしている人でも、日本の食材をマレーシア現地で買うと日本で買うよりも高くなることがほとんどですので、自炊をしても高くつくことはありますし、日本食レストランやバーなど外食中心&お酒も飲むようであれば、その分費用はかかってくるでしょう。

ちなみにこちらは私の1ヶ月の食費について。

もちろん、マレーシアの経済飯など1食200円などで食べることもできますが、これらを毎日食べるとなると、少し健康状態も不安になるのが正直なところ。

健康のことや自炊・外食のバランス、おいしいものも食べに行く!

という個人のモットーを叶えるとなると、食費はRM1,500くらいは見積もっておくのが妥当かと思います。

4)光熱費・携帯・雑費:RM500

光熱費や携帯代についても人それぞれ。

私の家では、光熱費やメイドの清掃などは全てオーナーがアレンジしてくれているので、毎月の家賃に含まれた形で支払っています。

光熱費については、エアコンをどのくらい使うかによって変わってくるでしょうが、大体RM100〜RM200の間、wifiは大体月にRM120(3,000円くらい)、携帯代についても同じくらいでしょう。

水道代は数百円レベルなので、ちょっとした雑費など含めて多く見積もってRM500くらいになると思います。

5)貯金・その他:RM1,100

そして残ったのがRM1,100!これを貯金するか、旅行に使うか、化粧品やお洋服などのお買い物に使うかどうかは、人それぞれだと思います。

日本で奨学金の返済がある方もいらっしゃるでしょうし、この辺りのバランスはご自身で決めていきましょう!

マレーシア海外就職をしたときの生活費と貯金額

まとめです!

【給与:RM6,000の場合】

1)所得税(15%とします):RM900
2)家賃:RM2,000
3)食費:RM1,500
4)光熱費・携帯・雑費:RM500
5)貯金・その他:RM1,100

貯金額はRM1,100となります。

これを旅行に充てても良いと思いますし、美味しいものを食べに行ったり、貯蓄にまわしたり、使い道はさまざま。

意外と貯金できる?できない?

今回はあくまでも概算なので、個々によってどこにお金をかけるかは変わってくると思います。出費についても今回は若干ではありますが多く見積もっています。

もちろん、収入が上がればその分使える金額も増えてくるでしょうし、可処分所得も上がってくるでしょうから、生活費を抑えることを考えるのも大切ではありますが、収入を上げる道も考えていくと良いのではないでしょうか。

マレーシアで就職するときのお家探しやキャリアに関するご相談も承っているので、よろしければコチラからお気軽にご相談ください。

収支のバランスを考えて、マレーシア生活をエンジョイしていきましょう!

SEE YOU SOON!

AOI

Follow me!