• マレーシア海外就職・留学・生活と旅行記。

こんにちは!

海外ライフコーディネーターの渡部 葵(わたなべ あおい@ayuchannnland)です。

『マレーシアへの就職が決まったけど、渡航までにしておいた方が良いことはあるか』
『将来的にマレーシアへの海外就職を考えていて、今からできることはあるか』

といったご質問を多く受けています。

これに対する私の考えとしては、

『日本にいる間にできることはたくさんある!』

ということです。

そこで今回は、渡航前の準備ではなく『スキルアップ』という観点に焦点を置いて、、『マレーシアへ来るまでに日本でできること』を2つご紹介してみようと思います。

現地企業が開催するオンラインインターンシップに参加する

マレーシア現地に拠点を置く企業の中には、コロナの影響なども受けて、オンラインでのインターンシッププログラムを企画しているところがあります。内容はさまざまですが、出された課題に取り組んだり、他のインターンシップ生と一緒にプロジェクトに取り組んでいったり。

マレーシアで活躍する日本人経営者の話が聞けたり、マレーシアのことを学ぶことができるチャンスでもあるインターンシップ。

現時点でマレーシアでの就職先が決まっている方でも、決まっていない方でも、インターンシッププログラムに参加することで、マレーシアへの理解を深めたり、海外就職までのモチベーションを上げることができるのではないでしょうか。

オンラインで英会話レッスンに参加する

これはわたし自身がやっていたことでもあるのですが、留学経験がある方でもマレーシアへ行くまでにできるだけ英語力を上げておくことをおすすめします。

マレーシアに来てみて感じたのは、『英語が話せる=仕事ができる』というわけではないということ。
マレーシアならではの商習慣であったり、プレゼンの仕方、必要とされる資料や支払い関係の段取りなど、英語力だけではないスキル・メンタル面が問われることを学びました。

であれば、マレーシアへ来るまでにせめて、英語力だけでも出来るだけ上げておくというのは最低限、スキルアップのための土台として必要なのではないでしょうか。

英語が充分に話せる方はマレー語や中国語のレッスンもあるので、気になる方はご相談ください。

補足:コンドミニアムは渡航前にある程度目星をつけておこう

マレーシアへ渡航後、自分の家を探す必要がある方が多いと思います。日本にいる間に、ある程度、物件や予算の目星をつけておくことをお勧めします。渡航してからがスムーズです。

ちなみに、単身で来られる方向けの物件情報はこちら。

この辺りのサポートをしてくださるエージェントさんもいらっしゃるので、是非ご相談ください。

マレーシア渡航までにできることはたくさんある!

この他にも、就職先の分野によっては、競合企業について勉強したり、日本にいる間に提携先や顧客開拓ができたり、資格を取得したりなど、日本にいる間にできるスキルアップはたくさんあると思います。

マレーシアへ行く為の準備も大切ですが、ぜひ上記を参考に、マレーシアに来てからより良いスタートダッシュを切ってくださいね!

SEE YOU SOON!

AOI

この辺りの記事もよく読まれています。